縁を繋ぐeN Projectの公式HPはこちら!

HSS型HSPとADHDの違いは注意力?混同されがちな特徴について比較してみた

HSS型HSPとADHDの違いは注意力?混同されがちな特徴について比較してみた

繊細なのに行動的という矛盾を抱える「HSS型HSP」

筆者自身、HSS型HSP気質です。

実は最近、ADHD診断をしてみました。

すると思いの外、当てはまる項目があったんですね。

ニワっち

HSS型HSPとADHDって、結局何が違うんだろう?

今回は、このHSS型HSPとADHDの違いについて、診断を元に比較してみました。

そもそもHSS型HSPとADHDって何?

そもそもHSS型HSPとADHDって何?

HSS型HSP(刺激探究型の繊細さん)

まずは、HSS型HSPについて説明しておきます。

単刀直入に言うと、刺激を求めてしまう繊細さんです。

HSS型HSPは病気ではない
HSS型HSPは先天的な「気質」であり、病気ではありません。

マドレクリニックのページより、下記のように説明されています。

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。
HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、即生まれ持った性質であることがわかっています。

HSP(Highly Sensitive Person)
ハイリー・センシティブ・パーソン-仙台の心療内科・精神科・美容内科マドレクリニック

HSPの割合はおよそ5人に1人。

統計的に2割しかいないため、その特性が理解されにくく、生きづらさを感じる方が多くなっています。

続いて「HSS」ですが、これは「High Sensation Seeking(ハイ・センセーション・シーキング)」の略称です。

刺激探求型」という意味になります。

通常ならば、繊細さんは外的刺激が苦手…。

しかし、HSS型HSPは刺激を求めてしまう繊細さんなんです

HSS型HSPの割合は、総人口のおよそ6%と言われています。

HSS型HSPは矛盾を抱えて生きている

ネット上では、HSS型HSPの気質を「アクセルとブレーキを一緒に踏んでいる状態」と比喩している人が多いです。

筆者の場合、「双極性障害」のような気分のムラがあります。

双極性障害とは?
うつ状態に加え、真逆のそう状態も現れ、浮き沈みを慢性的に繰り返す障害の一種。

ニワっち

自分なりに例えるなら、HSS型HSPは「打ち上げ花火のような気質」かもしれないですね。

順応性があるけど、心は打たれ弱い

このような矛盾を抱えている方が多いのではないでしょうか。

「もしかしたらHSS型HSPかも?」と気になる方は、セルフ診断を試してみてください。

▼HSS型HSPの特徴についてはこちら
なぜ生きづらい?それはHSS型HSPという気質だった|特徴や向き合い方についてなぜ生きづらい?それはHSS型HSPという気質だった|特徴や向き合い方について

ADHD(多動性症候群)

ADHDは、「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」の略称で、発達障害の一種です。

注意欠如・多動症(ADHD)とは、年齢あるいは発達に不相応に、不注意、落ちつきのなさ、衝動性などの問題が、生活や学業に悪影響を及ぼしており、その状態が6ヶ月以上持続していることと定義されています。

ADHD(多動性症候群)-NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

症状には個人差があり、大まかに3つのタイプに分けられているようです。

不注意タイプ 忘れ物が多い、集中力が続かないなどの傾向が強い
多動・衝動性タイプ 落ち着きがなく、感情のコントロールができない
混合タイプ 上記2タイプを共に満たしているADHD

ADHDの割合は、子供の5%、大人の2.5%ほどと示されています。

ADHDは上手くいかない生きづらさを抱えやすい

発症の原因は、行動をコントロールする脳の機能障害と考えられているそうです。

その中でも、物事の整理整頓や論理的な考えとして働きかけている前頭葉ぜんとうよう」が上手く機能していないのでは?とのこと。

ニワっち

明確な原因は解明されていないようですね。

小さなミスを何回も繰り返す、忘れ物が多い」など、日常生活に生きづらさを抱える方が多いのではないでしょうか。

株式会社divの代表取締役として知られる「マコなり社長」は、自身についてADHDの傾向があると、YouTubeで公言しています。

※4:45〜から、「財布を4回無くして、腕時計は2回なくした」と説明しています。

このように比べてみると、HSS型HSPとは一貫性がないように感じますよね?

ここからは、筆者が実証したADHD診断の内容をピックアップして検証してみます。

HSS型HSPとADHDの違いを比較してみた

HSS型HSPとADHDが似ている原因

今回利用したADHD診断はこちらです。

参考 ADHD診断テスト - SELECTTYPEADHD診断テスト - SELECTTYPE

診断の際、筆者が該当した項目の一部がこちら。

  1. 仕事や課題で、不注意による間違いが多い。
  2. 考えすぎ、気にしすぎとよく言われる。
  3. 大人数での世間話や団体行動が苦手。
  4. 興味のないことには全く関心がない。
  5. 1日が終わるとひどく疲れる。
  6. 優先順位を決めるのが苦手。
  7. 感受性が豊かで感覚が敏感。
  8. 気分のムラが激しい
  9. 何をしようとしたか忘れる。
  10. マイペースである。
  11. いじめにあったことがある

実際の診断結果では、該当しない項目も多かったです。

診断結果は「ADHDの可能性がある」とのことでした。

HSS型HSPとADHDは特徴が近い

HSS型HSPとADHDって、特徴が物凄く似ているんです。

例えば、「考えすぎ、気にしすぎとよく言われる。」という点。

これは、HSS型HSPにも当てはまります。

HSS型HSPの場合は、「1のことを10にして考えてしまう」ことが要因となっているケースが多いですね

他にも、「疲れやすい、マイペース、団体行動が苦手」など、HSS型HSPとADHDが混同されてしまう理由も分かります。

▼HSS型HSPの疲れる状況に関する記事はこちら
HSS型HSPが疲れる状況とは?ラクになるコツや考え方についても紹介HSS型HSPが疲れる状況とは?ラクになるコツや考え方についても紹介

HSS型HSPとADHDの共通点は衝動性

今回の診断で分かったのは、HSS型HSPとADHDの共通点は「衝動性」にあるのでは?ということ。

刺激探究型であるHSS型HSPは、思いついたことを実行せずにいられません。

興味のあることに関しては、つい夢中になりすぎてしまいます。

そして、あらゆることに興味が移って、色々なことが中途半端になりがち。

ニワっち

飽きっぽくて趣味がコロコロ変わります。

この衝動性が、ADHDと近いのかもしれませんね。

HSS型HSPとADHDの決定的な違いとは?

HSS型HSPとADHDの決定的な違いとは?

では、今度はADHD診断で筆者が該当しなかった項目をピックアップしてみます。

  1. 約束の時間に遅れる
  2. カバンの中身や机が散らかっている
  3. つい正論をふりかざしてしまう
  4. 些細なことで怒る
  5. 忘れ物が多い
  6. 長時間座っていることが苦手

いかがでしょうか。

ADHDの人は、先ほどピックアップした内容と、こちらの内容、どちらも該当する項目が多くなっていませんか?

HSS型HSPの人は、こちらの項目を見ても、あまりピンとこないはずです。

HSS型HSPとADHDの大きな違いは「注意力」か?

個人的な見解ですが、明らかに違う点として「注意力」が当てはまる気がしました

本記事でも触れている「忘れ物が多い、時間に遅れる」というのは、ADHDの「注意欠如」による要因だと思われます。

しかしHSS型HSPは、どちらかというと思慮深いです

時間が守れなかったり、忘れ物をするという経験は少ないはず。

ニワっち

落ち込んでいたり、何かに没頭しているときは、予定を忘れたり、大きな忘れ物をすることがあるかもしれませんね。

「怒りっぽい」という点も当てはまらない

HSS型HSPは、怒るというより「自問自答」してしまう傾向が強い気がします。

正論をふりかざしたり、怒りっぽくなることは少ないでしょう。

むしろ、相手に気を使いすぎて気疲れするタイプですからね

ADHDの場合は、感情のコントロールができないことによって、このような行動に出やすいのかもしれません。

まとめ:HSS型HSPとADHDの違いは順応性と注意力

まとめ:HSS型HSPとADHDは似て非なるもの

今回の検証で分かった点は、以下の2つです。

  • HSS型HSPとADHDは「衝動性」に共通点が多い
  • HSS型HSPとADHDは「注意力」に決定的な違いがある

ハッキリと違いを区別したいのであれば、「注意力」に注視してみるといいでしょう

HSS型HSPとADHDの違い
HSS型HSPは順応力があり、詰めが甘い部分はあれど、ミスを繰り返すタイプではありません。
ただ、ひどく疲れやすい気質であるため、力を発揮できない一面が生きづらさに繋がっているんです。

「今までADHDかも…と気になっていたけど、注意力はそんなに低くなかった」という方は、もしかしたらHSS型HSPなのかもしれませんね。

混同していた方は、ぜひ参考にしてみてください。



HSS型HSP関連の記事はこちら

HSS型HSPと相性の悪い人間関係3選!結婚や恋愛についても紹介HSS型HSPと相性の悪い人間関係3選!結婚や恋愛についても紹介 HSS型HSPに向いてる仕事とは?長く続かない理由や選ぶ職業についてHSS型HSPに向いてる仕事とは?長く続かない理由や選ぶ職業について HSS型HSPと上手く付き合うための接し方とは?適度な距離感と休息がポイント!HSS型HSPと上手く付き合うための接し方とは?適度な距離感と休息がポイント! HSS型HSPと相性のいい趣味や休み方を実体験を元にまとめてみた!HSS型HSPと相性のいい趣味や休み方を実体験を元にまとめてみた! HSS型HSPが天才なのは嘘?本当の理由や能力の活かし方について紹介しますHSS型HSPが天才なのは嘘?本当の理由や能力の活かし方について紹介します

▼合わせて読みたい人気本はこちら

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)