SLOW COFFEE STYLE コーヒーカラフェセット|お洒落で使いやすく初心者にもオススメ!!

SLOW COFFEE STYLE コーヒーカラフェセット|お洒落で使いやすく初心者にもオススメ!!

筆者がドリップコーヒーを始めるキッカケとなったKINTO|SLOW COFFEE STYLEのコーヒーカラフェセット。

これとケトルさえあれば、ペーパーフィルターも不要でコーヒー粉を使用してコーヒーを淹れることが出来ます。

今回は1年近く愛用しているこちらのカラフェセットについて、使用感や特徴を話していきます。

KINTO|SLOW COFFEE STYLE
コーヒーカラフェセット

使用しているのはSLOW COFFEE STYLE コーヒーカラフェセット ステンレス 300ml。

カラフェ本体にも白い点で目印が付いていて、2杯分のコーヒーを抽出できるようになっています。

ペーパーレスなステンレスフィルター

ステンレスフィルター

一般的に知られているペーパーフィルターとは異なり、ステンレス製のフィルターに直接コーヒー粉を入れて抽出します。

フィルター全体に無数の小さな穴が空いていて、そこから抽出液が排出される仕組みになります。

お手軽ポイント
・ペーパーフィルターが必要ないので経済的。
・セットが面倒くさい!!というズボラな方とも相性抜群。

目盛り付きのホルダー

目盛り付きのホルダー

さらに目盛り付きのホルダーが付いていて、コーヒー豆の分量を量ったり、抽出中のフィルターの受け口としても使用出来ます。

まとめて収納可能

これらをまとめてコンパクトに収納できるからインテリアとしてもお洒落に飾れます。

注意
カラフェは薄いガラスなので落としてしまうと普通に割れます。
取り扱いには注意が必要!!

ステンレスフィルターによるコーヒーの味わいは??

ステンレスフィルターでダイレクトに抽出

焙煎されたコーヒー豆には風味を豊かにしてくれるコーヒーアロマとも呼ばれる油分が存在します。

ペーパーフィルターではその油分を紙が吸ってしまってあまり抽出されることはないんですが、ステンレスフィルターは油分もダイレクトに抽出することができるのが大きな特徴。

結果的にペーパードリップよりも濃密なコーヒーを抽出できるんです。

ステンレスフィルター故のデメリットも…

ダイレクトに抽出されるのは油分だけでなく、微粉も抽出されて底に溜まります。

これが苦手な方には少し扱いづらい製品ではあります。

また、良く言えばコーヒー本来の味わいを楽しめるわけですが、スッキリしたコーヒーが好みという方には口に合わないかもしれません。

カラフェ本体は他のドリッパーでも使用出来る!!

カラフェは代用可能

ステンレスフィルターも一つの味わいとして考慮できるのであればこのカラフェセットは超お得とも言えます。

というのも、カラフェ本体はステンレスフィルターでしか使えないわけではなく、他のドリッパーでも使用することが可能なんです。

もちろんホルダーも使えるのでかなり応用できる万能製品なんです。

これからドリップコーヒーを始めたい
初心者にはオススメ

SLOW COFFEE STYLE コーヒーカラフェセット ステンレス 300ml

コーヒー器具が全然揃ってないという初心者が最初からお洒落にドリップコーヒーを始められるように全て揃っているのが本製品の魅力とも言えます。

また、今後に応用して使用していくことも可能なので、迷ったらとりあえず持っておけばOK。

ぜひご参考ください。

同時期に購入したケトルもリンクを貼っておきます↓

他のドリッパーについてはこちら↓
Kalita ウェーブドリッパー【ドリップコーヒー】見栄えの良さはピカイチ!!カリタのウェーブドリッパーは超安定の味わい重視 ハリオV60透過ドリッパー|味わいをコントロールしたい人向けの万能ドリッパーハリオV60透過ドリッパー|味わいをコントロールしたい人向けの万能ドリッパー

比較記事はこちら↓
ハリオV60とウェーブドリッパーを比較してみた【ドリップコーヒー】ハリオV60とウェーブドリッパーを比較してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)