【江崎グリコ】簡単!!ドライカレーの素で作ったドライカレーが美味しすぎる。

【江崎グリコ】簡単!!ドライカレーの素で作ったドライカレーが美味しすぎる。

ドライカレーは美味しいけど、一から作るのは手間がかかって面倒くさいですよね。

江崎グリコのドライカレーの素はそんな手間を省けて、低コストなのにしっかりした美味しさを再現できます。

簡単に紹介していきます。

【江崎グリコ】ドライカレーの素

【江崎グリコ】ドライカレーの素

この商品に出会ったのはかれこれ10年以上前でしょうか。

筆者が20代の頃の自炊でも大活躍していた1品です。

結婚してからは自炊をする機会が少なくなっていたんですが、職場でも自炊を始めるようになったため、久しぶりに作ってみました。

スーパーで約¥100(税抜き)程度で購入でき、2食分入っています。

【江崎グリコ】ドライカレーの素

調理には一手間加える!

パッケージにはご飯を用意して3分と書いてありますが、ご飯と本商品だけでは本来の美味しさを発揮できません。

むしろ美味しくならないです。

自分なりの一手間をざっくり説明させてもらいます。

準備するもの

主に使用する材料は以下になります。

  • ご飯
  • マヨネーズ適量を加えた「とき卵」
  • (お好みで)ソーセージやチキン、乾燥ネギなど
  • ドライカレーの素
  • 塩胡椒

作り方

STEP.1
フライパンに油を入れる
フライパンを温めますが、最後までやや強火でOKです。
STEP.2
とき卵とご飯を一緒に加える
卵とご飯は一緒にフライパンに入れて、ほどよく混ぜ合わせます。
STEP.3
塩胡椒を少し加える
ソーセージなどがあればここで一緒に加える。
※写真では乾燥ネギも加えてます。
【江崎グリコ】ドライカレーの素
STEP.4
ドライカレーの素を入れて炒める
ドライカレーの素は2種類ありますが、先に(具)を入れて軽く混ぜてから、最後に(ソース)を加えて炒めます。
STEP.5
盛り付けて出来上がり
見た目を更によくしたい場合はパセリをかけるのもアリです。
写真ではサラダも備え付けてみました。
【江崎グリコ】ドライカレーの素

卵は必須です

マヨ入り卵でご飯をコーティングさせてパラパラ感を出しつつ、マヨでコクも出してます。

これがないとドライカレーの素だけが味付け頼りとなってしまい、平べったいカレー味のご飯になってしまうんです。

マヨネーズの有無で出来栄えが変わる
・マヨのコク、卵のまろやかさがドライカレーの素の良さを引き出す。
・マヨの油分がコーティングとなり、ご飯のパラパラ感につながる。

アレンジはご自由に♪

引用元の写真はあくまでイメージですが、ドライカレーそのものが簡単にできる分、アレンジの幅も広がります。

チキンライスの代わりにドライカレーのオムライスというのもアリです。

こだわるならハンバーグを作ってロコモコ風ドライカレーなんかも美味しそうですね。

筆者はドライカレーの素を使って「カレードリア」に挑戦したこともありました。

▼ドライカレーの素で作ったカレードリアに関する記事はこちら
【江崎グリコ】ドライカレーの素で時短アレンジ「ドライカレードリア」を作ってみた【江崎グリコ】ドライカレーの素で時短アレンジ「ドライカレードリア」を作ってみた

10年以上愛用しているドライカレーの素、気になった方はぜひお試しください♪

▼新宿中村屋『インドカリー』海老のキーマに関してはこちら
【レトルトカレー】新宿中村屋『インドカリー』海老のキーマが本格派な味わいでした

▼いなばのタイカレーシリーズに関する記事はこちら
【コスパ最強の缶詰】いなばのカレーを4種類食べ比べてみたコスパ最強の缶詰『いなばのカレーシリーズ』を4種類食べ比べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)