SNSやご依頼関連の詳細はこちらから

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

ひとりインストバンドとして、数々の楽曲を配信し続けているbeco(騒音のない世界)

クオリティーの高いバンド系BGMを、たった1人で作成しているアーティストさんです。

今回は、そんなbecoさんの楽曲「walkways」のギターを弾いてみました。

弾いてみた動画やtab譜と共に、フレージングを解説していきます。ぜひご参考ください。

注意
  • ご本人に許可を得ていますが、本人監修によるtab譜ではありません。
  • あくまで個人的な耳コピによる解説となります。実際の音源・演奏とは異なる部分がありますので、ご了承ください。

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

騒音のない世界の「walkways」は、ペンタトニックスケールをメインに、幅広いギターアプローチを魅せてくれている楽曲です。

テンポは136と速くはないですが、序盤Aメロ・Bメロセクションは細かいフレーズが多く、難易度はやや高めになっています

また、筆者自身コピーしきれていない表現が多いため、原曲とは大きく異なる部分がある点はご了承ください。

ニワっち

さっそく、それぞれのセクションごとにポイントを見ていきましょう。

イントロ

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

イントロは、2和音のフィンガリングフレーズです。あらかじめ、右手のなかにピックを挟みながら弾いています。

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

フレーズは難しくないですが、音符の長さや、音量バランスに気をつけて弾けるように心がけましょう

Cメロ

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

イントロ後は、walkwaysのメインフレーズになります。

音源では、鍵盤と一緒に同じフレーズを弾いていますが、ギターはブリッジミュートで弾きましょう。

ブリッジミュートとは?
ギターのブリッジに右手の側面を当てることで、アタック音だけを強調させたフレーズが弾けます。

ニワっち

動画の弾き方を参考にしてみてください。

ブリッジミュートは、リズムがよれるとかなり目立つので、リズムキープを意識して練習すると良いでしょう。

【補足】2Cメロからは変拍子に注意!

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

2回目のCメロ(tab譜の51小節目)では、小節が2拍増えて4分の6拍子になっています。

その後、すぐに4分の4拍子に戻るので、リズムの変化に合わせてリズムキープを怠らないようにしましょう。

Aメロ

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

Aメロは、ペンタトニックスケールによる基本的なロックフレーズです。

セクションによってチョーキングがハーフとフルで分かれているので気をつけましょう

ここがポイント!
チョーキングは、弦の上げ具合で音程が変わります。
ハーフは半音、フルは全音です。

walkwaysのAメロでは、3弦がハーフ、2弦1弦がフルといった感じですね。

ニワっち

弦の上げ具合は、音源をよく聴いて感覚的に覚えましょう。

Bメロ

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

Bメロ前半は、becoさんらしいメリハリのあるメロディーラインです。休符を意識して、音符を伸ばしすぎないように弾きましょう

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

そして、Bメロ後半はwalkwaysのなかでは最難関ポイントとなります。

32分音符を多用した高速ペンタスケールなので、速すぎて弾けない場合は必ずテンポを下げて練習してください。

ここがポイント!
速くて弾けないフレーズは、テンポを落としてフレーズを体に馴染ませることが超重要!
徐々にテンポを上げて、丁寧に弾けるようにするのが最も効率がいいです。

ニワっち

以下の記事で紹介しているアプリが便利なので、参考にしてください。
ギター練習に便利なアプリ「ハヤえもん」|曲のテンポやキーを自由に変えられるアプリ「ハヤえもん」がギターの耳コピに超便利!使い方や機能を紹介します

ブリッジ・solo

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

ブリッジは、とくに難しいポイントはありません。tab譜を参考にして、丁寧に弾ければ問題でしょう。

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

後半のsoloパートは、筆者自身フレーズがうまく聴き取れなかったため、音源のように表現しきれませんでした。

tab譜も正確なフレーズではないので、「もっと他の表現があるのでは?」と感じた人は、ぜひ自分の耳を信じて、別のアプローチで表現してみてください

【補足】3Cメロはハモリパートを混ぜています

walkways|beco(騒音のない世界)のギターフレーズ解説【楽譜(tab譜)付】

終盤のCメロは、ハモリパートを弾いているので、tab譜もハモリパートとして表記しました。

メインメロディーは、2Cメロとほぼ変わらないと思います。

ニワっち

メインを弾きたい人は、2Cメロのフレーズを参考にしてください。

walkways|beco(騒音のない世界)の難易度やポイント

walkways|beco(騒音のない世界)の難易度やポイント

walkwaysの難易度
技術力
(4.0)
リズム
(4.0)
表現力
(3.0)
総合難易度
(4.0)

騒音のない世界の楽曲「walkways」は、全体的な難易度は高くないものの、総合的な技術力・リズム感が求められる楽曲です

ブリッジミュート、ハーフ・フルチョーキング、ハンマリングなどの練習をしたい人におすすめします。

ただし、一部のセクションはかなり速いフレーズがあるので、無理して弾かずにテンポを落として、しっかりフレーズを体に馴染ませるようにしましょう。

騒音のない世界のサブスク・ダウンロードに関して

騒音のない世界 公式webサイト
出典:騒音のない世界|公式Webサイト

becoさんは、ひとりインストバンド「騒音のない世界」として、音楽活動をしています。

主な活動内容は、以下のとおりです。

  • 素材利用可能な楽曲の無料配信
  • 定額制の音楽配信サービスへの楽曲配信
  • 楽曲の販売

楽曲は、becoさんの公式ページよりダウンロードが可能です。

ただし、無料で利用できるのはSoundCloudからダウンロードできる楽曲のみとなります。

注意
利用規約」には必ず目を通して、ルールを守ってご利用ください。

また、定額制音楽配信サービスや、iTunes Storeなどの音楽配信サービスでも配信されています。

以下のリンクより、ご確認ください。

▼公式Webサイトはこちらから。
参考 騒音のない世界 公式Webサイト騒音のない世界

まとめ:幅広いアプローチを学びたい人におすすめ!

まとめ:幅広いアプローチを学びたい人におすすめ!

今回は、騒音のない世界の楽曲「walkways」の弾いてみた動画とともに、フレージングを解説しました。

becoさんの楽曲は、過去曲でも素敵な曲がたくさんあります。そのなかでも、walkwaysは基礎的だけど幅広いアプローチが多いです。

ギターに慣れてきたけど、より練度を高めたい」という人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ニワっち

もし、不明な点がありましたら、SNSや問い合わせフォームよりご連絡ください。

出来る限りのアドバイスをさせていただきます。

弾いてみた動画を作りたい方にオススメの記事はこちら

【弾いてみた動画】iphoneでレコーディングした音と動画を編集する方法|必要な機材、アプリについても【弾いてみた動画】iphoneでレコーディングした音と動画を編集する方法|必要な機材、アプリについてもスマホアプリ「InShot」で作った動画をYouTubeに配信する方法!簡単な使い方も紹介しますスマホアプリ「InShot」で作った動画をYouTubeに配信する方法!簡単な使い方も紹介します