「明日から頑張る」が続かない理由と、結果的に無駄だと感じてやめたこと

「明日から頑張る」が続かない理由と、結果的に無駄だと感じてやめたこと

先日Twitterにて以下のようなツイートをしました。

今回はこの「明日から…」ということに関して深掘りしていこうと思います。

「明日から頑張る」が続かない本当の理由について

「明日から頑張る」が続かない本当の理由について

結論
「今」思いついたその感情の熱は「今」が最も鮮度が高い状態であって、明日にはすでに賞味期限切れで冷め切ってしまっている。

誰しもが一度は経験があると思うんです。

今、確かに良いアイディアが浮かんだ。

今、心から頑張ろうと思えた。

今、明日の計画を立てた。

そのアイディア、頑張る気持ち、計画内容は、ハッキリ言って「今」から実行出来なきゃ何の役にも立たないんですよね

 

全く意味のなかった寝る前の計画…

全く意味のなかった寝る前の計画…

先ほどのツイートでも言っていた計画は以下になります。

  1. 朝7時に起きて、ジョギングに行こう
  2. 帰ったらそのまま筋トレをする
  3. シャワーを浴びてドリップコーヒーを淹れる
  4. WEBライティングの仕事開始
  5. 仕事を終えたら昼食
  6. その後ブログを執筆
  7. 夜にはのんびりYouTubeでも見ながら夕飯を食べる

 
これが実際にはこうなりました。

  1. 起きたら朝11時…
  2. 雨が降っていたからジョギングは中止
  3. とりあえずサクッと筋トレ
  4. シャワーを浴びてドリップコーヒーを淹れる
  5. サクッと昼食
  6. バタバタとWEBライティングの仕事開始
  7. 仕事が長引き、ブログを書き始めたのは夜19時
  8. 夕飯を済ませ、ブログを書き終える頃には23時…

 
朝、予定した時間に起きれないだけですでに全てが総崩れと言っても過言ではないですよね…。

挙句には天候にまで左右されてしまう始末…。

改めて「明日から…」という感情の脆さを痛感しました。

 

結果的に無駄だと感じてやめたこと

結果的に無駄だと感じてやめたこと

上記の経験を踏まえて、筆者は以下の行動をやめることにしました。

  • 朝のアラームは設定しない
  • 寝る前に明日のことは考えない
  • 「今」思いついたことは記録する

 

朝のアラームは設定しない

朝のアラームは設定しない

これは本当に無意味なのでやめました。

元々15年以上夜勤生活を送っていたため、実は夜に寝て朝に起きるということ自体が苦手です。

朝活に憧れて数ヶ月。

アラームだけは毎日7時に鳴るものの、実際に起きるのはほとんどが9時でした。

寝る前には必ず毎回念じるんですよ

明日は7時に起きる!!」と。

ごく稀に、アラームが鳴る前に起きて清々しい朝活が出来たことはあります。

ちなみに、このブログを執筆している日も奇跡的に7時起きでした。

経験から至った結論
好きな時に寝て、好きな時に起きるのが一番自然である。

 

寝る前に明日のことは考えない

寝る前に明日のことは考えない

明日何が起こるか?なんてことは結局誰にも分からないんです。

もしかしたら大災害が起きて住まいがなくなるかもしれない。

下手したら命まで落としてしまうかもしれない。

もちろん、将来のためにある程度人生計画を立てるというのはめちゃくちゃ大事なことです。

でも、明日何をするか?なんてことは寝る前に考える必要は全くなかったなぁと感じました

大まかに自分がやるべきこと、優先順位は把握しています。

あとは当日、「」の感情のままにその日の生き方を考えて行動すればいいだけなんです。

経験から至った結論
明日のことは明日考えればいい。

 

「今」思いついたことは記録する

「今」思いついたことは記録する

中には明日に持ち越すしか行動に移せないこともありますよね。

どうしても「明日からやりたいこと」に関しては全て記録するようにしましょう

筆者の場合だと、ブログを書いてる時に「あっこんな記事も書きたいなぁ」と急に全く別の案が思いつく事があります。

以前は「今はこの記事を書いてるから今度にしよう」とただ後回しにしていたんです。

すると後日…

あれ?昨日思いついた案って何だったっけ??

なんて事がよくありました。

 

昨日の感情は大体が賞味期限切れ

 
それ以来、ちょっとでも案が浮かんだら全て仮タイトルとして下書きするようにしました。

ブログ以外でも、やりたい事が思い浮かんだらノートに書くなりスマホにメモするなり、記録すればいいんです

そして後々メモやノートを見直した時に、中には保存食のように鮮度が高い感情が残ってる時もあります。

そんな時はそれこそ「今」行動に移すべき事だったりするんですよね

経験から至った結論
人は忘れて当たり前。
忘れたくないなら記録するべし。

 

まとめ:「明日から頑張る」は無意味!!

まとめ:「明日から頑張る」は無意味!!

少し違った角度から「明日から頑張る」について深掘りする形となりましたが、今回はその感情の無意味さについて話しました。

正直、頑張る事が辛くない人間なんていないんです

大変だと分かっているからこそ、つい「頑張る」って口走ってしまうだけなんですよね。

でも筆者はこの言葉が嫌いではないです。

そこには間違いなく心から出た鮮度の高い決心の感情が詰まっているんです。

頑張ることをやめるんじゃなくて「明日から…」って考えることをやめればいい

どうせ「今」頑張ろうと思ったなら、「今だけ」行動してみればいい

誰も気付かないような、自分にだけしか分からないような小さな一歩でも、昨日の自分よりは前にいるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)