ツイッターを予約投稿できるスマホアプリ「Hootsuite」がSNS疲れしなくておすすめ

ツイッターを予約投稿できるスマホアプリ「Hootsuite」がSNS疲れしなくておすすめ

ツイッターを告知や宣伝用に使いたいけど、SNS疲れはしたくない…

筆者自身そんな悩みを抱え続けていた結果、公式アプリは削除して予約投稿アプリ「Hootsuite」を使用しています。

Hootsuite

Hootsuite

Hootsuite Media Inc.無料posted withアプリーチ

タイムラインを見る必要がないから精神的にラク

「Hootsuite」はアプリを起動後、アカウント設定を済ませるとトップベージにタイムラインが表示されないのが特徴です。

Hootsuite

「もうタイムラインすら見たくない!!」「イイねとかリプも毎回確認したくない!!」って思う方でも、全く気にすることなくツイートができるので便利ですよね。

かれこれ3ヶ月ほどタイムラインから離れてツイートしていますが、とても気楽です。

使えるのはツイッターだけじゃない
Twitter、Instagram、Facebookなど、様々なSNSの予約投稿も可能な優れものです。
※本記事はツイッターのみの説明となります。

予約投稿で時間を有効活用できる

告知や宣伝となると、なるべく見てもらいやすい時間を狙って投稿をしたいですよね。

早朝やランチ時、17時〜19時の帰宅時間なんかはツイートの狙いどきとも言えるでしょう。

メッセージ投稿をタッチすると「プランナー」という画面が表示されるので、投稿したい時間を選択すると以下のようになります。

Hootsuite

注意
予約時間が現時刻に近すぎると、15分前後投稿時間がずれるので注意が必要。

あとは登録したアカウントを選択して、ツイート分を入力後「次へ」に進めば予約完了です。

Hootsuite

デメリットは一つだけ…
画像は4つまで、動画も1つ添付できるなど、基本的な使用はほぼ公式と変わりませんが、若干文字数制限が減っています。

それ以外は特にデメリットを感じないまさに『SNS嫌い』のためのアプリかもしれません。

 

「作成者」からはリアルタイムのツイートも可能

真ん中の「作成者」からは直接文章入力に進むこともできます。

「作成者」からはリアルタイムのツイートも可能

リアルタイムでツイートする以外にも、文章を入力してから予約をことも出来るので、文章を書くのに時間がかかる場合は「作成者」から作るといいかもしれません。

SNSを有効利用に特化させるならオススメ

タイムラインを見ていたらあっという間に時間が過ぎていて、時間を無駄使いしてしまったという経験をしたことがある方も少なくはないはず。

そこまでSNSにのめり込みたくないけど、告知や宣伝、記録くらいはしていきたいという方には非常に使いやすいアプリなので、是非一度使ってみてください。

リンクも貼っておきます。

Hootsuite

Hootsuite

Hootsuite Media Inc.無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)