使わなきゃ損!!スーパーの無料飲料水『RO水』が節約に最適|メリットやデメリットについても

使わなきゃ損!!スーパーの無料飲料水『RO水』が節約に最適|メリットやデメリットについても

今までペットボトルの天然水を買い続けていましたが、2020年からはスーパーにある無料飲料水を使い始めました。

やや取り扱いがデリケートではあるものの、飲料水としても十分日常生活に利用できています。

そんなRO水についてメリット・デメリットも含めて、簡単に紹介していきます。

スーパーの無料水『RO水』って一体何??

スーパーの無料水『RO水』って一体何??

スーパーによく行く方は見かけたことがあると思います。

専用ボトルを購入するだけで無料水を汲み放題という神対応システムですね。

RO水とは言ってるけど、わかりやすく言えば『純水』ということになります。

RO水の正体とは??
ROフィルター(逆浸透膜)を利用した濾過水で、ミネラルすらも取り除かれたピュアウォーター。
精製コストも安いことから無料で提供されている。

まとめると、スーパーが家庭用浄水器の代わりに提供してくれている『純水』ということです。

最近では〇〇円追加でミネラルウォーターにできたり、硬水にしたりといった水を汲めてしまうスーパーなんかも増えてきています。

スーパーのRO水のメリットについて

スーパーのRO水のメリットについて

実際に利用して感じたRO水のメリットがこちら。

スーパーのRO水のメリット
・飲料代が節約できる。
・ペットボトルのゴミが減る。
・浄水器より手間がかからない

飲料代が節約できる

飲料代が節約できる

どうしても純水なため味気ないのは事実です。

でも筆者の場合は、ミネラルウォーターにもこだわりがなかったので『水は水』として問題なく飲めています。

それでいて毎回天然水のペットボトルを買うコストが削減できたので、それだけで十分利用価値がありました。

飲料代が節約できる

専用ボトルはスーパーによって値段が異なりますが、4リットル用で約¥600前後でしょうか。

2リットルのペットボトルは安く見ても1本約¥60前後です。

ようは2リットルのペットボトル水を10本分買う頃にはすでに元が取れてしまうわけです。

いくら水が安いとは言っても、1年間で見積もったらそこそこの費用になっているはず。

ペットボトルで買うよりも低コストで水を利用できるのが、スーパーのRO水最大の魅力と言えるでしょう。

ペットボトルのゴミが減る

ペットボトルのゴミが減る

2リットルのペットボトルってそれなりに大きなゴミになります。

毎日飲むようなペットボトル水ならすぐにゴミとしてたまってしまいがち。

RO水にしてからは単純にゴミが減らせる上、地球にも優しい「エコ活」でもあるわけです。

地味かもしれませんが、ゴミが減るに越したことはありません。

浄水器より手間がかからない

浄水器より手間がかからない

スーパーのRO水は家庭用浄水器を常備している人にとって、全く必要ないアイテムでもあったりします。

上記でも説明した通り、RO水はスーパーが家庭用浄水器の代わりに提供してくれている『純水』です。

ですが、浄水器もそれなりに手入れは必要です。

使い切りなら毎回買い直す必要もあるし、交換カートリッジだって有料になるでしょう。

そういった手間や費用をスーパーが引き受けてくれる代わりに、こちらは汲みに行けばいいだけというシステムがスーパーのRO水のメリットの一つでもあります。

スーパーのRO水のデメリットについて

スーパーのRO水のデメリットについて

続いてスーパーのRO水のデメリットはこちら。

スーパーのRO水のデメリット
・消費期限が極めて短い。
・専用ボトルの管理がやや面倒。
・定期的にスーパーに行くため、逆に費用がかかる可能性がある。

消費期限が極めて短い

消費期限が極めて短い

RO水最大の弱点は日持ちしないことです。

純水はビックリするくらい速攻で質が落ちてしまいます。

保存期間に注意!!
筆者が利用しているスーパーでも『常温なら当日、冷蔵保存でも3日以内』で使用するように注意書きがされていました。

夫婦二人暮らしなので、4リットルの水なら3日で使い切りますが、問題は3日に1回は汲みに行かなきゃいけないということ。

歩いてもいける距離にスーパーがある方は問題ないですが、車がないと行けない方にとっては労力でしかないかもしれないですね…。

余談ですが…4リットルの水だとそこそこ重いので、筋トレにも使えてしまいます。

専用ボトルの管理がやや面倒

専用ボトルの管理がやや面倒

専用ボトルは再び汲みなおす前に、個人で『洗浄・乾燥』させる必要があります。

むしろこれを怠ると、ただの細菌箱になってしまいます。

人によっては体調不良の原因にもなり兼ねないので、衛生管理には十分に気をつけて、用法は各スーパーの規定に従うようにしましょう。

面倒な方は素直に天然水を買うのが無難です。

定期的にスーパーに行くため、逆に費用がかかる可能性がある

定期的にスーパーに行くため、逆に費用がかかる可能性がある

毎日1日分の食材しかスーパーで買わないというタイプの方なら問題ないですが、まとめ買いするという方の場合、逆に余計な出費がかかってしまう恐れがあります。

『スーパーに水を汲みに行くだけ』という固い意志を保てる方なら問題ないですが、大抵の方は「ついでに買い物も…」という考えがよぎってしまうもの。

一番良いのは、3日分の食料のみを毎回買い揃えて、水を汲むという方法。

意志の弱い方にとっては出費が増える原因にもなりかねないので注意が必要かもしれません。

まとめ:自己管理ができれば確実に節約できます

まとめ:自己管理ができれば確実に節約できます

今回はスーパーのRO水を数ヶ月使用してみて感じた点をまとめてみました。

最後に、スーパーのRO水がオススメな方をまとめると以下になります。

スーパーのRO水がオススメな方
・スーパーが自宅の近くにある。
・定期的に洗浄・乾燥の衛生管理ができる方。
・ペットボトルの水を購入してるけど、本当は節約したい方。

毎日利用する水だからこそ、経済的負担が減ると精神的にも楽になれます。

是非ご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)