【ドリップコーヒー】浅煎りでもアイスコーヒーを美味しく淹れられるのか??|点滴法で試してみた

【ドリップコーヒー】浅煎りでもアイスコーヒーを美味しく淹れられるのか??|点滴法で試してみた

アイスコーヒーを美味しく淹れるには苦味の強い深煎り豆が推奨されています。

今回はあえて、浅煎り豆でも美味しいアイスコーヒーを淹れられるのか??試してみました。

点滴法で濃く抽出する

点滴法で濃く抽出する

アイスコーヒーに深煎り豆が推奨される理由は『苦味の強いコーヒー』の方がアイスコーヒーには合うからです。

浅煎りがアイスコーヒーに合わない理由
人間の味覚は冷たいものに対して酸味を強く感じる特性があるため、焙煎が浅いコーヒー豆では苦味を抽出できない上、酸味の強いアイスコーヒーになってしまう。

浅煎り豆でアイスコーヒーを淹れるなら、せめてなるべく濃く抽出できるように、点滴法を使って実際に淹れてみました。

浅煎りでアイスコーヒーを淹れてみた

実際に使用したのが以下の器具になります。

浅煎りでアイスコーヒーを淹れてみた

  • ハリオ V60透過ドリッパー01クリア
  • SCS コーヒーカラフェセット 2cupsのカラフェ
  • HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル ヘアラインシルバー 800ml
  • ステンレス製コーヒーミル手動式

浅煎りコーヒー豆20g

点滴法で濃く抽出する

お湯を沸かしている間に20gの豆を挽いていきます。

カラフェは2杯用なのでそのまま2杯分を作るんですが、あらかじめ氷も入れた上で2杯分になるように抽出します。

アイスコーヒー

SCSのカラフェは白い点印まで抽出すれば良いので、わかりやすくて便利です。

湯温は95°で抽出

なるべく濃く抽出するのが今回の目的なので、湯温は95°にしました。

湯温調整について
一般的には90°前後が適温と言われていますが、
湯温が高いと濃く抽出されやすく、温度が低いとスッキリしたコーヒーを淹れることができます。

点滴法は位置固定で淡々と抽出

点滴法は位置固定で淡々と抽出

点滴法の場合、最初の蒸らしはしません。

真ん中に位置を固定したまま、ポタポタと地道にお湯を垂らしていきます。

少々コツがいりますが、焦らずゆっくりと、抽出液が出てくるまで続けます。

抽出され始めたら細いお湯に切り替える

抽出され始めたら細いお湯に切り替える

しばらく続けて、抽出液がカラフェに垂れ始めたら少しずつ細いお湯に切り替えます。

あとはドリッパーの水位が上がらないようにだけ気をつけながら、数回に分けてお湯を注いでいきます。

2杯分まで抽出できたらドリッパーを外して完成です。

抽出され始めたら細いお湯に切り替える

浅煎りアイスコーヒーの出来栄えは??

浅煎りアイスコーヒーの出来栄えは??

早速飲んでみた第一印象…
やはり苦味のない、紅茶のようなアイスコーヒーになりました。

点滴法で浅煎りのアイスコーヒーを入れてみた結果、当然ながら苦味は全くありませんでしたが、これはこれで爽やかな紅茶風アイスコーヒーとして美味しく飲むことは可能でした。

浅煎りアイスコーヒーは苦くならない!!
どんなに頑張っても浅煎りアイスコーヒーは苦くなりませんが、苦味のない爽やかな紅茶風アイスコーヒーを飲みたいなら試してみる価値あり!!

もし深煎り以外のコーヒー豆でもアイスコーヒーが作りたい場合には是非ご参考ください。

使用した器具のリンクも貼っておきます、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)