イライラするゲームは『自分には不向き』と割り切って二度と触れない方がいい

イライラするゲームは『自分には不向き』と割り切って二度と触れない方がいい

私事ですが、イライラするゲームを全て手放しました。

昔からゲームは好きなんですが、ジャンルによっては熱くなりすぎてしまう悪い癖がありました。

最悪の場合、物に当たってしまうほどヒートアップしてしまい、そんな自分が嫌いになりそう…なんてことも。

ゲームでイライラしたくないのなら、迷わずイライラするゲームには二度と触れないことを強くオススメします。

イライラする=不向き

筆者自身気付くのが遅かったんですが、イライラするゲームって単純に『不向き』なんですよね。

これは上手い下手関係ありません。

怒りの感情に繋がってしまうか否かという線引きになります。

『思うようにいかない』が積み重なって、何度やっても『解決が出来ない』

結果『ただイライラするだけ』を繰り返す。

諦めなければ〜という根性論はここでは関係ないんです。

それは心から楽しんでいる、もしくは望んでいる前提での話。

イライラはただのストレスの根源でしかありません。

イライラ解消の鉄則
イライラするようなゲームは『不向き』だから二度と触れないこと

向いてるゲームなら楽しめる

ゲーム

じゃあ向いてるゲームとは何か?

それは単純に楽しめるゲームです。

勝ち負けに関係なく、怒りに繋がる導火線のないゲーム。

筆者の場合、コツコツレベルを上げて、自分のペースで攻略できるようなRPGや、広大なマップを自由に探索できるオープンワールドがその部類になります。

逆にストレスを溜め続けるジャンルは対戦ゲーム類。

しかも相手がオンラインなどの対人間となると『負けず嫌い』が爆発してしまいます。

逆にオンライン対戦はストレス発散になるけど、RPGは地味すぎてイライラする。

そんな方は対戦ゲームの方が向いていると言えるわけです。

苦手なことはやらなくていい

ゲームに限らず、苦手なことには触れない人生の方がはるかに生きやすくなります。

分かってはいても熱くなりすぎると正常な判断ができず『まだ下手なだけ。続けていれば必ず勝てる』という間違った解釈でストレスを溜め続けてしまう。

続けていれば上手くなるのは間違いありません。

しかしそれが怒りを伴うのでは心の負担が大きすぎる。

その地点で実は『不向き』な選択をしているんですよね。

そしてこの事実に気づいた上でゲームを選ぶことが出来れば、生涯楽しいゲームライフを送ることが出来ます。

MEMO
好きな事が嫌いになってしまう前に、好きな事でも楽しめるジャンルを選択できるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)