縁を繋ぐeN Projectの公式HPはこちら!

イライラするゲームは「自分には向いてない」と割り切って二度と触れない方がいい

イライラするゲームは『自分には不向き』と割り切って二度と触れない方がいい

私事ですが、イライラするゲームは全て手放しました。

昔からゲームが好きなんですが、ジャンルによっては熱くなりすぎてしまう癖があります。

最悪の場合、物に当たってしまうほどヒートアップしてしまい、「そんな自分が嫌いになりそう…」なんてことも。

ゲームでイライラしたくないのなら、迷わずイライラするゲームには二度と触れないことを強くオススメします。

イライラするゲームは不向き

イライラするゲームは不向き

筆者自身気付くのが遅かったんですが、イライラするゲームって単純に「不向き」なんですよね。

上手い下手は、関係ありません。

怒りの感情に繋がってしまうか否か?という線引きの問題になります。

「思うようにいかない」が積み重なって、何度やっても「解決が出来ない」

結果「ただイライラするだけ」を繰り返す。

ニワっち

「諦めなければ〜」という根性論は、ここでは関係ないんです。

それは心から楽しんでいる、もしくは望んでいる前提での話。

イライラはただのストレスの根源でしかありません。

イライラ解消の鉄則
イライラするようなゲームは「不向き」だから、二度と触れないこと。

向いてるゲームなら楽しめる

向いてるゲームなら楽しめる

では、向いているゲームとは何か?

それは、純粋に楽しめるゲームです。

勝ち負けに関係なく、怒りに繋がる導火線のないゲーム。

筆者の場合、コツコツレベルを上げて、自分のペースで攻略できるような「RPG」

広大なマップを自由に探索できる「オープンワールドゲーム」が、その部類になります。

ストレスが溜まるジャンルは、対戦ゲーム類ですね。

相手がオンラインなどの対人間となると、「負けず嫌い」が爆発してしまいます。

ニワっち

優劣がハッキリしてしまうと、向上心より劣等感が勝ってしまうんでしょうね。

逆に、オンライン対戦はストレス発散になるけど、RPGは地味すぎてイライラする。

そんな方は、対戦ゲームの方が向いているのかもしれません。

まとめ:イライラするゲームは向いてないからやらなくていい

まとめ:イライラするゲームは向いてないからやらなくていい

ゲームに限らず、苦手なことはやらない人生の方が、はるかに生きやすくなります

頭で分かってはいても、熱くなりすぎると正常な判断はできません。

結果、「まだ下手なだけ。続けていれば必ず勝てる」という、間違った解釈でストレスを溜めてしまいます。

ゲームを続けていれば、上手くなることは間違いありません。

しかし、それが怒りを伴うのでは心の負担が大きすぎる。

この時点で、すでに「不向きな選択」をしているんですよね。

どうしてもゲームがやりたいのであれば、楽しめることを大前提にしましょう。

MEMO
好きな事が嫌いになってしまう前に、イライラせずに楽しめるゲームを、柔軟に選択できる思考を持ち合わせよう。

▼関連する人気記事はこちら
【SNS疲れ】悩むならやめた方が良い|Twitterはガチらなくても困らない【SNS疲れ】悩むならやめた方が良い|Twitterはガチらなくても困らない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)