【ブログ】記事のリライトで自分の成長を感じてモチベーションアップ

2019年11月よりブログの毎日更新を始めて、現在4ヶ月目に突入したビギナーブロガーです。

記事数こそ100記事を越えたものの、書いても書いてもpv数は平行線。

収益は雀の涙…かといって焦ったりはしていません。

有益な情報を更新することもあれば、ただ伝えたいことを伝える日記ブログや、イベントの告知ブログなども書くことがあります。

大前提として『ブログは楽しんで続ける』というのを自分なりのテーマにしています。

とはいえ、ひたすら書き続けてモチベーションを維持するのは至難の技。

本当に自分は成長出来ているのだろうか?

ブログを書き続けているとそんな疑問を抱くかと思いますが、そんなときは過去の記事をリライトしてみるのもいいかもしれません。

よく閲覧される自分の記事を修正して、より良質な記事に仕上げる作業はブロガーとして欠かせない作業。

でもこれは自分へのモチベーションアップにも繋がる行動だったりもするんです。

リライトで成長を実感出来る

リライトで成長を実感出来る

実は筆者も今までリライト作業はほとんどしていませんでした。

毎日更新にばかり気を囚われて『今は毎日書くことに慣れていこう』という思考状態だったためです。

毎日更新を始めて4ヶ月目にしてようやく、記事を書き続けることに対して心にゆとりが出来ました。

そこで、WordPressを始めたばかりの頃の記事の中で、今でもポツポツ閲覧され続けている記事を修正してみようと思い立ちます。

突っ込みどころ満載の記事だった

いざ記事を確認すると『よくこんな記事を今まで放置していたもんだ…』と思ってしまうほどの完成度の低さ。

それでも閲覧してくれた方に心から感謝しました。

同時に『明らかに成長している!!』と実感し、モチベーションをあげるキッカケにもなりました。

客観的に記事を修正出来る

客観的に記事を修正出来る

とくに感じたのは、自分の場合は記事を書いている瞬間に個人の主張が強く出る傾向があるということ。

改めて修正してみると余計な主張が点在していることに気が付きました。

そして、修正した記事と関連付けられる記事が他にもある事にも気付き、そこへ誘導するような内容を書き加えることも可能。

紐付けされていく記事、そしてその先でまた新たにリライトされる記事。

気付いた事
ブログは少し時間を置くことで客観的に修正でき、より他者視線で仕上げることが出来る

新しい記事にそのまま活かせる

この感覚はそのまま新たに生み出す記事にも活かすことが出来ます。

しばらく書き続けて、少しモチベーションが下がってきたと感じたら過去記事を修正してみる。

この作業を繰り返すことでブログの強化と同時に自身の感性も強化することが出来るわけです。

ときには過去の自分と向き合って、成長度合いを確認するとモチベーションアップに繋がるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)