【ミニマリズム】好きが叶う|常識に囚われない3つの心得

以前、記事紹介のツイートをした際にこんなことを言いました。

過去、生きているのに死んでるような感覚を経験したことがあります。

結局何のために生きてるんだろう??

『好きなことで生きていけるのはごくわずか』

って誰が決めたんだろう??

そんな疑問を抱きつつ、僕がミニマリズムで気付いたのは、

『常識に囚われない生き方を自分ですればいいだけ』

今回は僕がやめた3つの習慣について話していきます。

頑張って働くのをやめました

根が真面目な性格故、仕事もしっかりこなすタイプです。

そのため頑張りすぎて疲弊してしまうなんてのは当たり前。

家に帰っても何一つやる気にならない。

いわゆる会社に摂取される生き方をしていました。

そして社会人はこれが当たり前という勝手な思い込み。

この常識が覆った時から、頑張るのはやめました。

程よく働いて、余った時間は好きなことに費やす。

どうしても職場を自分自身で働きやすい環境に変えられないのなら、会社を辞めるという選択肢も悪くないでしょう。

自分らしく生きるという選択肢があることを忘れないでください。

常識を気にするのをやめました

頑張って働かないというのもまさに常識を気にしないということ。

常識とは他人や家族から今まで刷り込まれてきた考え方です。

頑張って働かなきゃいけない。

結婚するべき、しないべき。

大学受験、就職活動、誰々が正しい、誰々は間違えてる。

これまでの人生は自分で選んできたのか?

それとも常識に選ばされてきたのか?

僕は正直どちらとも言えない人生を選んできました。

自分で選んだ時もある。

常識に選ばされた選択もある。

これからは、自分で選択していきます。

他ならぬ自分のために。

他人に期待するのをやめました

これは友達や家族と縁を切れということではありません。

人は一人じゃどうにもならないことがたくさんあります。

自分にとって信頼出来る繋がりは一生大事にするべき。

ただ、人生をその人たちに委ねるべきではありません。

他人に期待してしまうと責任転換してしまう場合があります。

・あなたのせいで…
・信用していたのに…
・自分が馬鹿だった…

お互いにやりきれないですよね。

僕はその時の感情だったとしても、

生涯の約束はするべきではないと考えています。

ずっと友達、一生忘れない。

嬉しいのかもしれませんが、人によっては辛い言葉でもあります。

約束は交わすものではなく、自分の中に在るもの。

言葉ではなく、行動で伝えましょう。

そして期待はせず、

『好きでやっているだけ』

互いに干渉しなくとも、良い関係は築けます。

好きが叶うは自分で作れる

キーワードは3つです。

  • 頑張らない
  • 気にしない
  • 期待しない

そもそも好きなことなんてない…。

そう思っている方は、どんなに小さなことでも良いです。

誰かのためになることから始めてみると良いです。

なんだったら1円募金でも構いません。

そしてその際は必ずこの3つのキーワードを意識してください。

1円募金なら、頑張る必要はないですね。

たかが1円?!を気にしないでください。

そして見返りを期待しない事。

毎日続けてみてください。

そのうち誰かからこんな言葉を言われます。

『ありがとうございます』

そんな時あなたはこう伝えれば良い。

『好きでやってるだけなので』と。

好きな事なんて待ってても見つかりません。

小さい事から始めて、それが自分の可能性を広げてくれるんです。

常識に囚われず、好きなように自分を生きてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)