【日記】SNSデトックスを経験して気付いたこと|Twitterは程よく楽しめばいい

2日間だけですが、一切Twitterを開かないSNSデトックスに挑戦してみました。

色々と気付けたことがあったので報告していきたいと思います。

ややSNSに依存していた自分を知った

ミニマリストとしての新たなライフスタイルを築いてから、1日も欠かさずTwitterを利用していました。

最初は公言することで自分を追い込む目的もあったんです。

「報告したからには行動にするしかない」と。

そしてミニマルライフが定着してきた頃、発信の形が変わりました。

『自分の経験を情報としても発信していけるようになりたい』

自分の生き方をそのままエンターテイメントにしていきたいと考えるようになったんです。

すると他人の『価値観に触れる』という行為に敏感になりました。

こんな生き方もあるのか。

こんな考え方もあるのか。

それに対して自分はどう考えて生きていくのだろう??

新しい価値観を求めて無意識にSNSを開く。

明らかにSNSに依存し、費やす時間は増えていました。

デトックス1日目

SNSデトックス初日はやや時間を持て余してしまう1日になったようにも思えます。

無意識にケータイのホーム画面を開くと、ついTwitterを開こうとしてしまう。

無意識って怖いなと。

大幅にケータイを確認する時間が減った自覚がありました。

そしてその分の時間をブログ、読書、遊びに回しました。

大袈裟でも何でもなく、時間にして5.6時間は時短しています。

デトックス2日目

二日目になるとさらに変化がありました。

より身軽になれた感覚。

発信をしていない分、好きなように生きてる感覚。

普段のルーティンをより集中して行えました。

『〇〇しなきゃ』という縛りが限りなくゼロに近くなった。

本当に何もしない時間すらも充実感があった。

『あっ、自分が伝えたいライフスタイルってこれかも』

そして一つの結論に至りました。

Twitterは程よく楽しめばいい

確かにより多くの人に知ってもらうための発信は必要。

だけど、消耗するほど重要視する術ではないと強く感じました。

とにかく無駄が多かった

発信に必死になりすぎて、無駄によく見せようと時間をかけすぎていました。

発信するために伝えたい言葉を考えるのではなく、伝えたいことが浮かんだから伝えるだけ。

または伝えたい景色に出会ったから伝えるだけ。

探すモノじゃないんですよね。

もちろん全てが探し物なわけじゃないです。

今後は探し物は伝えません。

よりありのままを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)