自分のためが人のためになるような人生にしたい。

先日こんなツイートをしました。

解釈次第では単にワガママな人、自分勝手な人、
と捉えられてしまっても致し方ない内容です。

ですが、僕にとっては自分の言葉に責任を持ちたい、
他人を言い訳にしたくないといった気持ちも込めた内容としています。

少し掘り下げて話をしていこうと思います。

他人に興味がないのに人が好き。

こうやって冷静に言葉を見返してみても、
都合のいい言葉に見えてしまいますね…。

否定はしません。

というのも、嫁にも度々言われます。

「私に興味がないんでしょ?」と。

また、昔から幼馴染にはこう言われ続けています。

「ホントお前は何を考えているか分からない」

身近な仲間や家族にはこういった印象を持たれることが多いんですが、
実はこれが一番自然な自分の在り方なんです。

僕はその人自身じゃないから理解してやれるのはほんの一部だけ。

けどそれでも、ただ一緒に居るだけで充分救われています。

決して干渉はしないけど、そんな家族や仲間、
繋がってくれている方々がみんな好きなんです。

ワガママな言い分ではあるけれど、
繋がってくれていることに本当に感謝しています。

自分のためが人のためになる人生にしたい

人生のテーマって誰しも考えることがありますよね。

自分は何がしたいんだろう?って。

それっていざ紙に書いてみるといっぱいあるんですよ。


以前、僕も深く考えずに書き出してみたことがあります。

改めて見直してみると、今でも続けていること、近々実現させたいこと、
今じゃ大して興味ないことと、何となくカテゴリー分けが出来ます。

そして自分が軸としてやりたいことは何だろう?と考えた時、大体行き着くのが
自分のためが人のためになる人生にしたいなぁということ。

人のために行動するとは言いたくない。

みんなの喜ぶ顔が見たいから。

みんなにもっと認めてもらえるようになりたいから。

人のために自分はそうなりたいと言い切ってしまう人生も決して悪くないです。

むしろ素敵なこと。

その人にとっては環境に自分が救われているからこそなんだと思います。

僕も最初はそうでしたが、ふと疑問に感じました。

もし、その人達がいなくなった時、個人の都合で継続が困難になった時、
環境のせいにしてしまうんじゃないかって。

もっと人が集まれば、もっとお金があれば、もっと環境が良ければ。

違う、そうじゃない。

自分がただ好きで行動しただけ。

それがたまに人のためになる事があっただけ。

それが本当に嬉しかったから、これからも自分のために行動したい。

僕はこう考える方がしっくりきました。

自分のために生きて欲しい

みんながどう考えていようが、環境が良かろうが悪かろうが関係ない。

人には人の都合がある。

環境には環境の都合がある。

そして、自分には自分の都合があります。

そんな中で自分のためが人のためになり、人と人が繋がって欲しいと願っています。

だから僕はこれからも人に興味を持ちません。

そして干渉することもありません。

誰かのためではなく自分のために行動します。

…こんなことを言われることがあります。

お人好しすぎる。

そんな時、こう言うようにしています。

自分が好きでそうしただけ。

昔から一人が好きな寂しがり屋です。

やっぱり、人が好きなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)