【超安価】コーヒードリッパーを使って必要最低限の器具でコーヒーを淹れる方法について

【超安価】コーヒードリッパーを使って必要最低限の器具でコーヒーを淹れる方法について

ドリップコーヒーを嗜むようになって1年が経ちました。

今となってはすっかりコーヒーの魅力に惹かれてしまいましたが「ドリップコーヒーって何があれば始められるの?」と思っている方も少なくはないはず。

今回はドリップコーヒーデビュー1年目記念ということで、とりあえずドリッパーを使って超安価に必要最低限の器具でコーヒーを淹れる方法について紹介していきます。

最低限必要な器具について

まずは本記事のメインテーマとして「超安価に最低限必要な器具」について紹介していきます。

紹介も何も…というくらいの器具紹介にはしたいんですが、とりあえずピックアップしたのはこちら。

  • コーヒードリッパー
  • ドリッパーがセットできるカップ
  • コーヒー粉とお湯
  • 箸(はし)

なんとなくコーヒードリッパーさえ用意してくれればOK!といえるくらいのラインナップにはなったと思います。

「なんで箸??」というのは、後ほど説明します。

 

コーヒードリッパー

ハリオV60透過ドリッパー

まずはコーヒードリッパーが必要です。

こだわりがなければ100均でも買えるようなドリッパーでも問題なく始められます。

「ちょっとくらいなら良いヤツ使っても大丈夫!」と言ってくれる方は、ハリオのドリッパーを手に入れちゃいましょう。

これでも300円前後で手に入れられる上、ずっと使っていけます。

ペーパーフィルターはキッチンペーパーで代用可能!

ペーパーフィルターはキッチンペーパーで代用可能!

今回は安価方式といいうことで、キッチンペーパーを使ってください。

「さすがにフィルターくらいは準備しますよ!」と言ってくれる方は、それぞれ対応したフィルターを手に入れてください。

購入する場合にはサイズと形を間違えないように!

下記リンクは先ほどのハリオv60に対応した円錐フィルターになります。

 

ドリッパーがセットできるカップ

ドリッパーがセットできるカップ

家にあるカップなら何でもOKですが、コーヒードリッパーがセットできないと難易度と費用が上がるので、相性の良いセットを見つけてください。

一応、お湯に対応したカップの方がいいと思います。

これがないとさすがにコーヒーが淹れられません。

 

コーヒー粉とお湯

クラシックミルのメリット・デメリット

コーヒー粉はスーパーや専門店どこでもOKです。

もちろんオススメは専門店ですが、スーパーのコーヒーからでもドリップコーヒーデビューは可能です。

ちなみに、コーヒー粉とインスタントコーヒーは別物なので、間違えないように!

挽いたコーヒー粉とインスタントコーヒーの違いって何??挽いたコーヒー粉とインスタントコーヒーの違いって何??

あとはお湯を沸かして、沸騰したら5分前後待ってから早速淹れていきましょう。

沸騰したてのお湯で淹れなければOK!!
湯温は軽く下げないと過抽出が起こりコーヒーが不味く仕上がります。
沸騰してから5分前後だけ待ちましょう。

 

ケトルも不要!箸を使ってコーヒーを淹れる方法

ケトルも不要!箸を使ってコーヒーを淹れる方法

準備は整ったかと思いますが、中には家にコーヒーケトルがない方も多いかと思います。

正直、コーヒーケトルはないと厳しいです。

しかし!!今回は「コーヒードリッパーを使って必要最低限の器具でコーヒーを淹れるコツ」なので、ケトルは使いません。

「いや…普通にコーヒー淹れるよ?」と言ってくれる方は、素直にコーヒーケトルを使って淹れることをオススメします。

筆者が使っているのはこちら。

 

箸で淹れる場合…

箸で淹れる場合は、お湯を箸につたって淹れてください。

ケトルも不要!箸を使ってコーヒーを淹れる方法

すると箸をつたったお湯がケトル顔負けの細いお湯として注ぐことができます。

もちろん難易度は相応に高いですが、筆者はこの方法で旅先のドリップコーヒーを淹れてます。

火傷には十分ご注意ください。

 

細かいことは気にしない

細かいことは気にしない

最低限の器具なら細かい設定を気にしても仕方ないので、好きなように淹れてみればいいと思います。

最低限の器具なら細かいことは気にしない!!
基本的には蒸らし(約30秒)→1〜3投に分けて丁度いい量になったらドリッパーを外して出来上がりです。

ドリップコーヒーデビューは好きなように淹れてみるのが一番なので、なんとなくそれっぽくなればOKなんです。

中には面白い淹れ方がたくさん存在するので、気になる方はこちらの記事もどうぞ。

ドリップコーヒーに正しい入れ方は存在しない??|世界一美味しいコーヒーの淹れ方から学んだ事ドリップコーヒーに正しい入れ方はない??|世界一美味しいコーヒーの淹れ方から学んだ事 【コーヒー好きにオススメ】放浪のバリスタ今野直倫さんの『点滴抽出からのお湯割』が斬新でした。【コーヒー好きにオススメ】放浪のバリスタ今野直倫さんの『点滴抽出からのお湯割』が斬新でした。

 

まとめ:こだわりたいならここからでも問題ありません

ウェーブドリッパー イタリアンロースト

今回は「とりあえずドリッパーを使って超安価に必要最低限の器具でコーヒーを淹れる方法について」紹介しました。

ここからさらにこだわってみたいという方は、少しずつ器具を揃えてみればいいんです。

筆者も最初はケトルとドリッパーだけでも十分と思っていました。

それが少しずつ異なるドリッパーを増やして、湯温を計るようになり、重さをしっかり計るようにと、興味は後付けだったんですよね。

最初からハードルを上げたくない方は是非、この方法も試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)