【コーヒー】クラシックミルはエアダスターでラクラク掃除

【コーヒー】クラシックミルはエアダスターでラクラク掃除

クラシックミルでコーヒー豆を挽いて、毎回ハケで掃除してもなんか残りカスが気になる…。

検索すると分解してる人もいるけど、さすがに分解するのは抵抗がある。

そんな方にはエアダスターがオススメです。

ホームセンターでも買える便利アイテム『エアダスター』

エアダスターといえば電化製品や精密機器のホコリ取りとして使用されることで知られています。

仕組みはとても単純で空気圧によってホコリを吹き飛ばすだけ。

近年ではノンフロンで逆さ噴射できるものがほとんどなので、空気汚染なども気にせず利用できます。

使用する際の注意点

便利とはいえ、使い方を間違えると事故にもなりかねません。

特に注意したいのは火気と高温。

エアダスターの注意点

高圧ガスを使用しているで、引火や爆発などの危険性があります。

40度以上になる環境では保管しないようにしてください。

また、使い切りの缶タイプの場合は必ず使い切ってから廃棄する形になります。

廃棄方法は商品にも記入されています。

万が一、フロンガス使用のエアダスターを購入してしまった場合には使用は控えたほうが良いかもしれません。

コーヒーは食品ですので、健康面で有害な可能性があります。

クラシックミルでも使用は可能

エアダスター

注意点を踏まえた上で、エアダスターはクラシックミルでも十分使用できます。

付属ノズルでハケの届かない奥まで届き、強力な空気圧でコーヒーカスを飛ばせます。

実際に使うと物凄くコーヒーカスが飛び散るので、掃除機をかけられる環境で使用すると良いでしょう。

エアダスター使用後にハケで掃除すれば十分綺麗になります。

分解した時ほどではありませんが、抵抗がある方は一つの選択肢として利用してみてください。

くれぐれも取り扱いにはご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)