FF7リメイクをクリアした感想・評価・レビュー|オリジナル版とは良い意味で別物だった良作

FF7リメイクをクリアした感想・評価・レビュー|オリジナル版とは良い意味で別物だった良作

2020年4月10日に発売となった『FF7リメイク』

とりあえず本編をクリアしたので、ゲーム性、バトルシステム、ストーリーなど、ネタバレを控えた範囲で説明していきます。

その前にざっくりと一言だけ感想を言わせてください。

本作は良い意味で期待を裏切られた、オリジナル版とは全く異なるゲームでした。

※本編クリア時間やその後のやり込み要素だけ知りたい方はこちら。

FF7の世界がリアルに再現!!

FF7の世界を歩くだけで楽しいグラフィック

本作一番の魅力だと感じたのは、23年前のオリジナル版が超リアルに再現されたFF7の風景。

FF7リメイクの風景

オリジナル版をプレイしていたファンからしたらそれだけで価値のある作品です。

ウォールマーケットが特に凄い!!

ウォールマーケット

中でも特に感動したのはウォールマーケットの街並み。

ウォールマーケット

怪しいネオン街として印象深いウォールマーケットが物凄く作り込まれていて、街を歩くだけで1時間近く楽しめました。

オリジナル版と比較するとこうなります。

オリジナル版
ウォールマーケット
(引用元:アラサー2人がFF7を実況プレイしてみた! part5

リメイク版
ウォールマーケット

もちろんジムや蜂蜜の館も健在。

MEMO
衝撃的な新要素も満載なので、内容はぜひ自身の目で確認していただきたい。

ダンジョンはやや長め

列車墓場

正直ところどころマップが広すぎて嫌気がさす場所はありました。

特にダンジョン攻略はマップが長かった。

他にも、本作はミッドガル脱出編ということもあり、尺伸ばしのためにサブクエストや追加ストーリーがたくさんあります。

クエスト

これは人によっては『中途半端な要素』と感じる方も少なくないのでは?という印象でした。

そう言いながらも筆者はしっかりやってしまいましたが…。

バトルは戦略が不可欠!!

FF7のバトルシステム

本作のバトルシステムはアクション要素が強めのコマンドバトル。

難易度設定があるので、どうしても苦手な方は敵が弱くなるEASYモードで。

アクションも苦手という方はコマンドバトルのみで操作可能なCLASSICモードでプレイすれば問題はないです。

筆者はNORMALモードでプレイしましたが、ボタン連打の脳筋プレイではまず攻略出来ない難易度です。

やり応えを求める方はNORMALモードでやってみてください。

弱点を突いてバーストさせて一気に叩くが基本

バースト状態

今回のバトルシステムはFF13のチェーンとブレイクにも似たような印象がありました。

簡単に説明すると、強い敵やボスは通常時が硬くてHPがまともに減らせません。

  1. 弱点を突いてひるんだ状態にさせる(HEAT状態)
  2. バーストゲージをためて無防備にさせる(バースト状態)
  3. ボコボコにする

初見では弱点を把握できずにややゴリ押しになった相手もいましたが、上記の流れの戦略を考えるのがバトルを有利に進めるカギになっています。

ストーリー進行で手に入るマテリア「みやぶる」が便利

みやぶる

敵にみやぶるを使うことで弱点や戦略のヒントがわかります。

一部、情報不明で分析できない相手もいますが、初見プレイではほぼ必須なアイテム。

本編クリア時間やその後の要素

本編クリア時間やその後の要素

写真はクリア時のステータスになります。

個人差があると思いますが筆者の場合、戦闘はゲーム進行上のみでレベル上げは一切していません。

その代わり、探索はそこそこ念入りにやりました。

それらを踏まえた上でのクリア時間は約40時間。

ミッドガル編のみと知っていたにも関わらず、なかなかのボリュームだったんじゃないでしょうか。

やはりオリジナル版とは異なる新要素が多く追加されていたのが原因ですが、その分情報量もかなり多かった。

新要素に関しては最後にまとめます。

クリア後の追加要素

レベルやアイテムは持ち越したまま、経験値2倍、マテリアのAP3倍の状態で引き続きゲームがプレイできます。

主な要素は3つ。

  • チャプターセレクト
  • ハードモードの追加
  • プレイログ

チャプターセレクトで取り返しのつかない要素はナシ

チャプターセレクト

オリジナル版ではやり直しの効かない要素が多かったのでつい探索には力が入ったんですが、本作はクリア後にチャプターセレクトとして楽しめます。

新たな分岐を楽しんだり、クエストやその他やり込みがいくらでも可能。

さらなる高みのハードモード

ハードモード

ハードモードはアイテムも使えなければMP回復もできない…クリア後にそのまま挑戦しましたが手厚く洗礼を受けました。

ある程度やり込んだ方が挑戦するモードになっています。

やり込み確認はプレイログで

プレイログ

プレイログを見ればやり残したことが一目で確認できます。

プレイログ

筆者の場合、メインの段階だけでもそこそこ探索したと思っていましたが、まだまだやれることはありそうです。

大きく期待を裏切ったFF7リメイク

ラストシーン

ネタバレしないよう多くは語りませんが、本作は至る所でオリジナル版と異なる描写があります。

その中でも特に目立ってプレイヤーを戸惑わせたのが運命の番人『フィーラー』の存在ではないでしょうか。

フィーラー

筆者は鈍感なので、クリア後にネット検索をして『そういうことか!!』と理解しました。

同時にそれを理解した上で2周目をやると、所々辻褄が合う描写となり、また違った面白さがありました。

注意
FF7リメイクはプレイ前からフィーラーについて知ってしまったら間違いなく面白く無くなります。

自身でプレイして理解する楽しみ、そして今後に期待する楽しみが生まれるのが本作FF7リメイクなのだと思いました。

ぜひ白紙のまま楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)