香味ペーストだけで味付けした炒飯を作ってみたけど、やや物足りなかった…。

これ一本で本格的な中華味を再現できると言われている香味ペースト。

香味ペーストだけで炒飯の味付けをしても本当に本格的な中華味を再現できるのか?

実際に試してみました。

具材は最小限に。

今回用意したのはこちら。

  • ごま油
  • 生卵1個
  • ご飯300g
  • ソーセージ2本
  • 乾燥ネギと海苔
  • 香味ペースト10g

味付けは香味ペーストのみ。

香味ペースト

今回は使い切りタイプを使用しました。

実際にはこの10gでご飯400g分(二人前)に対応しているそうです。

調理手順

①ごま油をフライパンにひき、十分に温まったらとき卵とご飯を投入。

②ある程度混ぜてからソーセージ、乾燥ネギなども投入。

③最後に香味ペーストを混ぜて出来上がりです。

MEMO
香味ペーストはご飯をいい感じにコーティングしてくれるようで、投入後のご飯のぱらつき感が良かったです。

食べてみた感想

香味ペースト 炒飯

いざ香味ペーストのみで味付けされた炒飯を食べてみた感想としては『やや物足りない』というのが率直な感想。

塩胡椒、醤油なども一切使用していないため、奥行きのある味わいとまではいかない印象でした。

ソーセージで多少ジューシーさはプラスされたものの、もし卵のみの香味ペースト炒飯を作ろうものならかなり味気なくなってしまいそうです。

さっぱりした炒飯が好きという方なら香味ペーストのみでも満足できるかもしれません。

中華味の上位互換的存在

香味ペーストだけでは物足りなさを感じましたが、炒飯をワンランク美味しくさせる事は間違いないです。

香味ペーストを加えた上で、塩胡椒や醤油くらいの味付けをプラスすることでよりコクのある本格的な炒飯の味わいに近付けるのでは?と感じました。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)