30代後半から変えた生き方や転職について|やりたいことはやるべき

30代後半から変えた生き方や転職について|やりたいことはやるべき

2020年より主夫ライター兼ブロガーとして新たな人生を歩み始めました。

30代後半にして、仕事を辞めたり生き方を変えるのってそれなりに勇気や勢いが必要になってきますよね。

筆者はやはり30代後半だからこそ「やりたいことはやるべき」という思考がより強くなったように思います。

本記事では、実際に筆者が30代後半から変えた生き方や転職について話していきます。

30代は保身が強くなる年頃

30代は保身が強くなる年頃

一般的な30代の日本人と聞くと、どんな姿を想像するでしょうか?

  • 仕事が軌道に乗ってきてバリバリ稼ぎ始める頃合い
  • 結婚して子供ができる、もしくは子供が学校に通い始める頃合い
  • 将来のために貯蓄などにも真剣に向き合う頃合い
  • ぶっちゃけまだまだ遊び足りない

時代の流れに沿って、それなりに様々な現実を送っている人が大半だと思いますが、割と共通して考え始める思考としては「そろそろ一人の人間として落ち着かなきゃ…」というような保身心も挙げられるでしょう。

もちろん守るべきものがあるっていうのは大事です。

でも、保身のために本来の自分を犠牲にしてしまっては意味がないのでは?とも思ってしまうんです。

ここからは筆者が最終的に「やりたいことはやるべき」という考えに至った経緯を話していきます。

 

自由すぎた20代

少し特殊な生き方をしてきたもので、一般常識を知らずにひたすら「プロのバンドミュージシャン」という夢を追って生きていました。

自由すぎた20代

そして、好きでもないことをして働くのが一番嫌いだった。

当時から思い続けた疑問…

 
生きるためには働かなきゃいけないし、働かなきゃ夢を追う資金すらも手に入らない。

生きるために好きでもない仕事をしているのか?

夢を追うために好きでもない仕事をしているのか?

生きるお金が稼げるなら夢がなくても生きていけるじゃん…

「何を言ってるの??」と思われるかもしれませんが、自分にとってはこの疑問とずっと向き合い続ける20代だったんです。

もちろんその思考によって破滅もしました。

当時は『意地でも音楽で稼いで生きなきゃいけない』と、自分を追い込むことでしか夢への情熱を保てなかったんですよね。

 

初めて現実と向き合った30代

初めて現実と向き合った30代

好きなことを仕事にして生きていけるのはほんの一握りの人間だけ…

そんなセリフを何度か聞いたことがあります。

自分もその一人にはなれなかったんだと、意を決して好きでもない仕事で生きていくことを決めたのが30代の始まりです。

給料も安定し、低収入ではあったものの贅沢もできたし、結婚して猫も飼って、いつしか『仕事もそんなに悪くはない』と思うようになっていきました。

正確に言うなら『好きでもない仕事だけど、上司や先輩には恵まれているし仕事は辛くて当たり前だから…』と思い込むようになったというのが本音でしょう。

先輩の一言で再度疑問に思う

 
仕事にも慣れ始めた頃、ふとした職場の先輩の一言が引っかかりました。

先輩

仕事は楽しい?
楽しくはないっスね…

ニワっち

先輩

楽しくなかったら続かないよ〜(笑)

といった具合に緩く話は終わりましたが「じゃあどうしたらいいの??」という疑問も持つようになりました。

今更音楽を仕事にできるとは思えないし、好きなことも特に思い浮かばない。

このまま安定して給料をもらい続けた方が今後の人生安泰じゃないかと。

そう思っていた頃に転機が訪れます。

 

30代後半から変えた生き方や転職

30代後半から変えた生き方や転職

「このままじゃいけない…」と焦り始めていた頃に、とある記事をキッカケにミニマリストという生き方をしている人がいることを知りました。

ミニマリストって何??
自分にとっての必要性を最小限に考える人。
 
定義は定まっておらず、あくまで自分自身の基準でもって自発的に物事の数を極力減らし、心身ともに身軽な生きやすさを追求する生き方。
【ミニマリスト】物を減らしたら浪費が激減した|一年間を振り返ってみる【ミニマリスト】物を減らしたら浪費が激減した|一年間を振り返ってみる

 
ミニマリズムについては他の記事でも紹介しているので、興味のある方はサイト内検索にて「ミニマリスト」で調べてみてください

この『自分にとっての必要最小限主義』という生き方が全く新しい価値観を与えてくれるキッカケとなり、次第に20代の頃のような『やりたいことをやるべき』という意思がより一層強くなりました。

 

未来の保身よりも今が大事

未来の保身よりも今が大事

あくまで個人の価値観ですが、生きてる保証もない未来に悩みを抱えるくらいなら、今をどう生きたいか?という心の声に従ったほうがいいと思ったんです。

結局自分は好きなことをして生きていきたいんだなと、心の赴くままに行動するようになりました。

ブログの再開…

 
ブログの再開…

20代はバンドでも個人でもずっとブログを書いていて、これだけは好きで続けていたなぁということを思い出し、物事を減らす過程を再び記録するようになりました。

次第に「これを仕事にしていきたい!」と思うようになり、PC経験もないままワードプレスにてブログ運営を始めます。

過去の経験は無駄にならない

 
昔は音楽しか出来ない…と思っていましたが、結局その活動の中にも得意なことがあったことに気付いたんですよね。

MEMO
もし今の仕事に疑問を抱くのであれば、今一度自分が好きだったことに目を向けてみると、思いもよらない好きなことに出会えるかもしれないです。

 

退職してWEBライターに…

退職してWEBライターに…

ある程度ブログを書くことに慣れ始めた頃、職場で立て続けに嫌なことが重なったんです。

接客業だったんですが、明らかに不条理なクレーム対応の後、いつもならスルーできるような従業員トラブルが重なり「あっ…これもう無理だな…」と急に冷めてしまったんです。

同時に、ここで自分が成長出来ることはもう何もないと確信することにもなりました。

そして、改めて自分が求める仕事環境を想像してみます。

  • 人間関係に疲れない
  • 好きな時間に働きたい
  • 基本的に一人で居たい
  • 好きなことをしたい

退職後、約2ヶ月のニート期間を経て貯蓄と安定した収入を全て失いました。

しかし、結果的に主夫ライター兼ブロガーという形でもって、さらなる目標に向けて充実した毎日を送ることができています。

 

やりたいことはやるべき

やりたいことはやるべき

本記事はかなり個人的な話が中心になってしまいましたが、結論をまとめると以下になります。

30代後半でもゼロから挑戦は可能!!
年齢に関係なく、今この瞬間に後悔しない生き方をするべき。

 

安全な道なんて存在しない

結果的に生涯健康でお金にも困らず幸せに生きてこれたという方もいるかもしれないし、不幸なことに思いもよらぬ事故に巻き込まれてしまい、不自由な人生を余儀なくされる方もいるかも知れない。

そんな世界に保障された安全な道なんて存在するでしょうか?

「いつか〇〇がしてみたい」なんて願望は、今すぐ自分の意思で実行しないと間違いなく後悔します。

30代だろうが60代だろうが、心のままに選択して成功なり失敗なりを繰り返したほうがいいに決まってるんです。

他人にどう思われようが、自分がやりたくて選んだことが間違った決断な訳はないですから。

保身に縛られて本来の自分を見失っている方にとって、本記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)