【片付け】収納を増やさずにキッチンをスッキリとまとめてみました。

【片付け】収納を増やさずにキッチンをスッキリとまとめてみました。

今までキッチン用具を壁に吊るして収納していましたが、よりスッキリ見えるように全てキッチン棚に収納してみました。

【ミニマリスト】キッチンをスッキリ見せる収納を実践してみました。

スッキリ見える以外にもメリットが多い収納法なので、経緯を含めて紹介していきます。

キッチンをスッキリ見せる収納のメリット

キッチンをスッキリ見せる収納のメリット

壁掛け収納をやめて良かった点は、キッチンをスッキリ見せれる事と、衛生的で掃除の手間が減ったことです。

壁に吊るす収納はキッチン用具の出し入れがとにかくラクなのが魅力的。

その反面、常に油汚れにさらされてしまうため、不衛生な上、掃除に手間がかかるなどのデメリットがあります。

特に油汚れは深刻で、調味料もベトベトになってしまうんですよね。

料理中の熱気で粉状の調味料なんかは固まってしまう場合もありました。

キッチン棚にしまえば埃や油汚れを防げて衛生的で、見た目もスッキリさせることができます。

収納を増やさずにキッチン下を整理する

収納を増やさずにキッチン下を整理する

最初に問題となったのは、調理器具と調味料の収納場所の確保。

キッチン棚はそこそこ物で埋まってしまっていたため、ある程度工夫する必要がありました。

妻も「収納を増やさないと絶対に無理!!」と言っていましたが、まずは収納を増やすのではなく、現状で収納できるスペースを確保しつつ、改めて必要ない物は減らしていくという方向性で片付けを開始しました。

収納を増やすのは解決策にならない
収納を増やすというのは『物の居場所を増やす』と同意でもあるため、片付けの根本的な解決には繋がらない。

使用頻度の高いものは取り出しやすい場所へ…

まず、最も取り出しやすい場所に使用頻度の高い調味料、調理器具を厳選してまとめました。

使用頻度の高いものは取り出しやすい場所へ…

以前は箸やスプーンといったカトラリー類を収納していましたが、これを機に食器棚に移動させました。

食器棚

壁掛けの場合、広範囲に展開していたため収納は難しいと錯覚していましたが、まとめてしまえば案外場所をとらなかったりします。

収納は目に見える範囲に収める

キッチン下は放置されている物が多くなりがちなポイントです。

今回を機に妻は以下の物を手放していました。

  • ドレッシングボトル大・小
  • 土鍋・天ぷら鍋・親子鍋
  • タッパーや収納ケース
  • 期限切れの食材

他に引き出物の食器も見つかったため、既存の平皿、マグカップと入れ替えることで物数を増やさないようにしました。

引き出物

結果的にキッチン下に十分なスペースを確保できるようになり、使用頻度の低い料理器具、調味料を収納することができました。

キッチン下
キッチン下
目に届く収納が理想的
目に見えない場所に収納すると高確率で放置されてしまうため、一目で場所が把握できる量に収めるのが◎

収納は増やさず整理を心がける

最初は難しく見えたキッチンの収納でしたが、収納は増やさずに物数を見直すことで解決できました。

収納が増えると後々の管理は確実に難しくなります。

片付けは収納を増やさずに整理を心がけるといいかもしれません。

ぜひご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)