『今』を効率よく生きるためにも、変えられない過去は悩まない

『今』を効率よく生きるためにも、変えられない過去は悩まない

自分にとって無駄に感じる悩みの一つとして『変えられない過去に悩むこと』があります。

過去の悩みは今という貴重な時間の使い方に大きく影響してくるので、実体験を踏まえて話していきます。

過去は変えられない

過去は変えられない

当然のことだと分かっていながらも、過去に執着することをやめられない方も多いはず。

そして冒頭にも言った通り、変えられない過去を悩むのは今という時間さえも犠牲にしてしまいます。

  • どうしてこうなってしまったんだろう
  • あの時こうしていれば…
  • いっそ消し去ってしまいたい…

こうした後悔というのは今後覆すことは出来ません。

今を生きる自分達に出来るのは大きく分けて2つあります。

『手放す』そして『今後に活かす』

変えようのない過去の結果はいくら悩んでも解決しません。

でも未来に活かす事はいくらでも可能なんです。

MEMO
悩むのではなく手放す。
そして次にどう活かすか考える。

過去を悩む経験があった

僕は大きな夢を諦めた過去があり、その選択には後悔がなかったものの、たった一つだけ後悔がありました。

それはもっと必死に頑張れなかった自分に対する後悔。

しかし悩むのは当時頑張れなかったという後悔ではなく、これからどうしたいのか?という事に気付きました。

過去は変えられなくても未来と自分は変えられる。

そして今、新たに様々な挑戦を始めるようになったわけです。

人生レースはリスタートの繰り返し

一切後悔のない人生を歩めるのが理想ではありますが、人生はそんなに簡単じゃないですよね。

大半の方は後悔を経験します。

なので、僕はこう考えるようになりました。

人生というレースは1本勝負の無理ゲーではない。

様々なレースがあって参加不参加も自分次第。

レースによっては途中リタイヤ、レース放棄もあり得る。

そんな結果のレースを後悔しても仕方がない。

次のレースに向けてまた走り出せばいい。

歩みを止めない限りは無限大に挑戦が出来るのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)