【ミニマリズム】adidasトレーニングマットは仮眠に最適だった

2019年10月より自重トレーニング目的で購入したadidasトレーニングマット。

筋トレやストレッチでも何不自由なく利用を続けています。

とある日、仮眠が取りたい!と思い立った際、布団に入るとガッツリ寝てしまうという理由からトレーニングマットなら程よいのでは?と思い早速使用してみました。

用意したのはマットとバスタオルのみ!!

adidas トレーニングマット 仮眠

今回使用した仮眠セットはこちら。

  • adidasトレーニングマット
  • バスタオル2枚

バスタオル1枚を丸めて枕代わりにしました。

もう一枚は肌掛けとして使用。

adidasトレーニングマットのスペックはこちら。

  • サイズ : 183cm×61cm×10mm
  • 素材 : ニトリロゴム
  • 厚さ10mm
  • パッド入りのリバーシブルマット

特徴はなんと言っても厚さ10mmというクッション性!!

普段使用する際もちょっと柔らかすぎるかな〜と感じるくらいモチモチなマットなので、以前からベッド代わりになるかも?とは薄々感じていました。

まさにミニマルスタイル♪

仮眠としては最適!!

adidasトレーニングマット

早速使ってみた感想ですが、仮眠利用としては全く申し分ないです。

程よい弾力具合で寝心地は悪くなく、バスタオルの枕も頭を支えてくれています。

さらに肌掛けが安心感を与えてくれて気付けばすっと眠りの中。

30分後…

やや腰に負担を感じて起床。

さすがに厚さ10mmとはいえ、長時間横になると負荷はかかるようです。

しかし寝返りを打てば再び眠れる程度。

ここから浅い眠りが続きます。

1〜2時間程度の浅い眠りがベスト

adidasトレーニングマット 猫

最終的に2時間ほど仮眠することが出来ました。

MEMO
大体30分置きに目が覚める感覚だったので、時間がないけど少しでも眠りたい!というのであればトレーニングマットはベッド代わりに使用可能でした!!

今後も仮眠の際には積極的に使用していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)