ゴミ箱は増やさない方が手間が減る!!各分別ゴミに対して1個がベスト♪

ゴミ箱ってついつい各部屋、至る所に置いてしまいがちです。

リビング、洗面所、寝室、プライベートルーム、キッチンなどなど。

ウチでも以前までリビングのテーブル横に2個、寝室に1個、プライベートルームに1個、ゴミ箱を所持していましたがやめました。

現在はキッチンに4つだけ。

  • 燃えるゴミ
  • プラスチックゴミ
  • ペットボトル
  • 缶とビン(一つのゴミ箱で半々使用)

ゴミ箱は各分別ゴミに対して1個ずつあれば十分…生活に支障はないです。

時間と共に慣れてしまう

ゴミ箱がなくなったら面倒くさくなるんじゃない??

その通りです。

最初は面倒くさく思うんです。

ウチでもゴミ箱を手放す際、最初に嫁が言いました。

「ゴミ箱無くしたらゴミどうすればいいの?!毎回キッチンに捨てに行くとか絶対面倒くさいから!!」

断固拒否されました…。

なので、こう言いました。

「じゃあとりあえず一度、ゴミ箱を押入れにしまおう。2.3週間、生活してみてどうしても必要だと思ったらまた元に戻してもらって構わないから」

こうして、キッチン以外にゴミ箱のない生活を2.3週間続けました。

…1ヶ月後。

自分「そういえばゴミ箱、押入れにしまいっぱなしだけど、どうする?また戻す?」

嫁「いらない。もう慣れたし。」

気付けば自分を含め、リビングで出たゴミはそのままキッチンにあるゴミ箱まで持っていく癖がついていました。

しかもその行動が何一つ面倒だと思わない。

実はこれにはちゃんとした理由がありました。

ゴミをまとめる作業が楽になる。

今までは各場所に設置されていたゴミ箱に、溜まったゴミをまとめてキッチンのゴミ箱まで持っていく必要がありました。

それがゴミ箱が一つになったことで『その都度キッチンに捨てに行けばいい』ということで完結できるようになったわけです。

毎回まとめる必要があるから面倒な作業も、その都度一つにまとめるという習慣が身につけば全く苦にならないわけです。

そうすると、不思議な事になるべくゴミを出さないようにもなってきます。

新しく買ってきたものはその日のうちに開封してゴミとなる梱包類はすぐにゴミ箱へ。

他の部屋にゴミを持ち込まない癖がつくわけです。

部屋が広くなる

そもそも最初に『ゴミ箱って必要ないんじゃないか?』と思った理由は部屋を広くしたかったからです。

リビングは好きな物に囲まれた部屋にしたかったので、そこにゴミ箱があるだけでなんとも言えない不自然さを感じるようになっていました。

実際当時の部屋は、ギターと棚の間にゴミ箱を設置。

このときは棚もモノで溢れていたため、SNSに紹介する際もモザイクをかけていました。

今では棚もある程度整理して、ゴミ箱がない事で清潔感もアップしました。

ゴミの臭いが拡散しない

フタをしていたとしても、ゴミ箱に捨てたものがいっぱいになるまで何日も放置されているとゴミ臭が気になってきます。

ゴミ箱の数が増えれば増えるほど、ゴミ臭の拡散、手間の拡散となります。

よく片付けにまつわる言葉でこういう言葉を耳にします。

収納を増やすのではなく、現状で収まるようモノを減らす。

これはゴミ箱に関しても似たような事が言えますね。

捨てる場所を増やすのではなく、1箇所に収めればゴミも手間も増えない。

まとめ

ゴミ箱を各分別種1個にするメリットは絶大です。

  • 余計なスペースを作らない
  • ゴミが溜まるたびにまとめる手間も減らせる
  • 各部屋にゴミを持ち込まない癖も身につく
  • ゴミが拡散せず衛生的

いつでも実践できますので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)