SNSやご依頼関連の詳細はこちらから

大釜屋 エキュート上野|駅ナカでたこ焼き飲み!銀だことの違いやメニューを紹介

大釜屋 エキュート上野|駅ナカでたこ焼き飲み!銀だことの違いやメニューについて

JR上野駅構内の商業施設「エキュート上野」内にある「大釜屋」

たこ焼きチェーン店の「築地銀だこ」を運営する、株式会社ホットランドが展開するお店で、釜飯やたこ焼きを食べながらお酒も飲める施設となっています。

今回は、大釜屋 エキュート上野でたこ焼きを食べてきました。

お店の雰囲気や、銀だことの違いについても紹介します

ニワっち

気になっていた人は、ぜひ参考にしてください。

大釜屋 エキュート上野の雰囲気・行き方

大釜屋 エキュート上野の雰囲気・行き方

エキュート上野は、上野駅構内の3階にある駅ナカで、お土産屋やお弁当屋、カフェなどが立ち並ぶ施設です

大釜屋 エキュート上野は、居酒屋業態の「はいり屋」とお店が繋がっており、合わせて利用することができます。

より詳しいフロアマップは、公式サイトにてご確認ください。

参考 エキュート上野|楽しいことがキュ~っと詰まっている駅、エキュートエキュート上野
注意
改札外から利用するのであれば、140円の入場券、もしくはIC入場サービス「タッチでエキナカ(140円)」が必要です。

大釜屋 エキュート上野の店内

大釜屋 エキュート上野の店内

大釜屋 エキュート上野の店内は明るく、いわゆる一般的な飲食店のような雰囲気になっています。

大釜屋 エキュート上野の店内

テーブルには、メニュー表、醤油、ウスターソース、唐辛子が置いてあり、注文が決まったら店員さんに直接伝えるスタイルです。

ニワっち

机の高さがやや低く感じましたが、居心地は悪くありませんでした。

大釜屋 エキュート上野の店内

また、窓側はカウンター席となっているため、1人で利用したい人も入りやすくなっていますよ

客層は幅広く、家族、カップル、お一人など、さまざまでした。

大釜屋 エキュート上野のメニュー

大釜屋 エキュート上野のメニュー

大釜屋 エキュート上野は、たこ焼きと釜飯の専門店です

居酒屋「はいり屋」とメニューも混ざっていますが、本記事では大釜屋のメニューのみを紹介します。

たこ焼きメニューは、シンプルに「6個500円、8個580円、10個700円」となっていて、ソースを選べるスタイルです。

ソースの種類は、以下のとおりです。

  • ソースたこ焼き
  • マヨネーズソース
  • マヨネーズしょうゆ
  • しょうゆ
  • 塩だれ
  • からしマヨネーズ

さらに、上野店限定で「上野甘味噌だれ」があります。

こちらは、値段が「6個540円、8個620円、10個740円」と、それぞれ+40円増しです。

大釜屋 エキュート上野のメニュー

塩だれにネギを加えた「ねぎ塩だれ」は、「6個560円、8個640円、10個760円」と、それぞれ+60円になります。

ニワっち

アルコールやソフトドリンクを注文したい人は、はいり屋のメニューから選んで注文しましょう。

釜めしメニュー

釜飯メニュー

大釜屋 エキュート上野の釜めしメニューは、「たこ釜めし」と「釜揚げしらす釜めし」の2種類です。
※2021年11月時点、鶏釜めしは販売休止中でした。

ご飯物が食べたい人は、釜めしを選んでみてはいかがでしょうか。

ニワっち

ランチや定食が目的なら、はいり屋のメニューが充実しています

大釜屋 エキュート上野のたこ焼きを食べてみた

大釜屋 エキュート上野のたこ焼きを食べてみた

今回は、電車の乗り換え時間に余裕があったので、「マヨネーズしょうゆ、塩だれ」の2種類のたこ焼きを注文しました。

ニワっち

注文から提供までは、およそ10分前後だったかと思います。

妻と2人で注文をしたため、上記写真のように取皿と一緒に運ばれてきました。

さっそく、それぞれのたこ焼きについて紹介します。

マヨネーズしょうゆのたこ焼き6個

マヨネーズしょうゆのたこ焼き6個

マヨネーズしょうゆは、マヨネーズに醤油がブレンドされているたこ焼きです

かつおぶしが山盛りで、たこ焼きはほとんど隠れてしまっていますが、掘り出してみると見た目は以下のような感じ。

マヨネーズしょうゆのたこ焼き6個

いわゆるたこ焼きソースは使っておらず、マヨネーズ醤油のみのトッピングです。

そのため、思いの外シンプルで素朴な味わいでした

物足りなさを感じる場合は、ウスターソースや唐辛子で味変をしてみるとよいでしょう。

マヨネーズしょうゆのたこ焼き6個

ニワっち

筆者的には、ウスターソースをかけて食べるくらいが、本来のたこ焼きっぽくて好みでしたね

塩だれのたこ焼き6個

塩だれのたこ焼き6個

続いては、塩だれのたこ焼き6個。こちらもかつおぶしが大盛りで、見た目だけでは違いが分かりにくいです。

掘り出してみると、以下のような見た目となっています。

塩だれのたこ焼き6個

あっさりとした塩だれが、たこ焼きとも相性抜群です

すっきり味が好きな人には、ちょうどよい味付けかもしれません。

塩だれのたこ焼き6個

ニワっち

こちらは、唐辛子を加えることで塩だれの味わいを活かしつつ、ピリ辛なたこ焼きを堪能できますよ。

大釜屋と銀だこの違いとは?

大釜屋と銀だこの違いとは?

株式会社ホットランドのブランドで有名なお店といえば「築地銀だこ

同じたこ焼き屋とはいえ、内容に違いはあるのでしょうか?

まずは、値段を比較してみました。

ブランド 商品名 値段
築地銀だこ ぜったいうまい‼たこ焼8個 持ち帰り580円、店内飲食590円
築地銀だこ てりたま8個 持ち帰り680円、店内飲食693円
大釜屋 こだわりのたこ焼き8個 580円
大釜屋 こだわりのたこ焼き8個+ネギのせ 640円

※2021年11月時点の値段です。

築地銀だこのほうが、メニューのバリエーションが多く、商品によっては若干高めです。

しかし、定番メニューで比較してみると、そこまで大きな違いはないでしょう

味わいは築地銀だこのほうが上か?

味わいは築地銀だこのほうが上か?

1度の来店では判断しかねますが、第一印象としてはインパクトが薄めでした

大釜屋と銀だこの違いは?
  • 大釜屋は銀だこほど衣が固くない揚げたこ焼きといった印象で、シンプルで素朴な味わい。
  • 銀だこのほうが衣が固く、全体的な味付けもはっきりしている。

銀だこはこってりしていて好きじゃない」と感じる人にとっては、大釜屋のほうが合うかもしれませんね。

まとめ:駅ナカでサクッと食べて飲みたい人におすすめ!

まとめ:駅ナカでサクッと食べて飲みたい人におすすめ!

大釜屋 エキュート上野の評価
味わい
(2.5)
雰囲気
(3.0)
お手軽度
(4.0)
総合評価
(3.0)

今回は、大釜屋 エキュート上野のたこ焼きについて紹介しました。

居酒屋「はいり屋」では、ランチメニューや串揚げなども扱っているので、合わせて利用すれば「たこ焼き飲み会」も可能です。

大釜屋・はいり屋 エキュート上野

筆者の感想としては、銀だこに比べるとやや見劣り感が否めませんでしたが、駅ナカでサクッと飲み会をしたい人には、利用しやすいように感じました

気になっていた人は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大釜屋 エキュート上野・店舗情報

大釜屋 エキュート上野・店舗情報

<左右にスクロールできます>
住所 東京都台東区上野7-1-1 エキュート上野
TEL 03-5246-6835
営業時間 [月~土] 10:00~22:30
[日・祝] 10:00~21:30
営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。
ご来店時は、事前に店舗へご確認ください。
定休日 不定休(エキュート上野に準ずる)
席数 50席
個室
駐車場
※周辺にパーキングロットや駐車場があります。
アクセス 上野駅構内
上野駅から45m
支払い方法 カード可
(VISA、Master)
電子マネー可
タバコ 全席喫煙可
※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されており、
最新の情報と異なる場合があります。ご来店前に、店舗にてご確認ください。
関連リンク 大釜屋 エキュート上野(オオカマヤ) – 上野/釜飯|食べログ