【龍が如く7】評価・龍が如くという名のRPGが新鮮。そのバトルシステムについて

龍が如く7

2020年1月16日にセガゲームズより発売された『龍が如く7 光と闇の行方』

今回から新しく導入された『ライブコマンドRPG』が賛否両論を巻き起こしています。

この新しいバトルシステムについて、実際にやってみて感じたゲーム感について話していきます。

※ネタバレは一切なく、ゲームシステムのみ解説しています。

歴代のアクションが好きだった人には不向きなゲーム性

龍が如く7

歴代シリーズをプレイされた方ならご存知の通り、龍が如くといえば豪快な喧嘩アクションが魅力的でした。

しかし今作のバトルシステムは『ライブコマンドRPG』と呼ばれるもの。

昔ながらのターン制コマンドRPGに、リアルタイムな環境アクションが融合したことからライブコマンドRPGと名付けられたのだと思います。

そのためバトルにアクション要素を期待していた方は、正直裏切られたと思う方も多いでしょう。

今作のバトルシステムにはテンポの良いアクション要素はありません。

戦況をじっくり考え、完全ターン制でバトルを展開する『王道RPG』仕様になっています。

ライブコマンドRPGについて

ライブコマンドRPG

バトルシステムは非常にシンプル。

キャラにはそれぞれHP.MPがあります。

攻撃・極技・防御・その他からアクションを選択し、あとはキャラクターが自動で行動するだけ。

極技はMPを使用して強力な技や特殊アクションが可能。

追加コマンドがある技もあり、入力成功で威力が上がる仕様になっています。

キャラによってはコミカルな極技を持っていて、マザーシリーズのような緩い面白さも組み込まれていました。

ジャストガードといった技術介入も

ジャストガード

敵の攻撃に合わせ、タイミングよくボタンを押せるとダメージを軽減できる『ジャストガード』が発生します。

このシステムも昔ながらのアクションRPGという少し懐かしさを覚えるシステムでした。

装備やジョブといったRPG要素も

装備

キャラのステータスは戦闘によるレベルアップの他、装備やジョブなどによって強化が可能。

ふんだんにドラクエ要素も組み込まれているので、全貌は実際にプレイして確かめてみてください。

こういった育成システムはRPG好きにはたまらないですよね。

やっぱり龍が如くは面白い

春日一番

今作の主人公はモバイル版の龍が如くから新登場した春日一番。

主人公もバトルシステムも変わり、完全リニューアルとなった今作。

歴代シリーズファンとしては充分楽しめるストーリーになっています。

そして、歴代のシステムを望んでいたファンにとってはおそらく失望したという結果だったでしょう。

また、話が新キャラである春日一番のストーリーとなっているので、初めてプレイするという方にも馴染みやすい内容なのかなとも感じました。

製作者である名越さんの新たな挑戦とも感じれる今作、個人的には体験してほしいとしか言えません。

重ねてこちらのインタビューも面白いのでご覧ください。

参考 名越稔洋 - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN『龍が如く7』名越稔洋「ただ“面白い”だけではもう通用しない」現在のゲーム界を語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)