ミニマリストでもプレゼントは受け取るべき。人としての礼義を忘れずに。

ミニマリストにプレゼントを渡すのはルール違反??

最初に言わせてもらいますが、一切そんな事はないです

万が一にもそれで断られることがあったとしたら、それはマナー違反でしかありません。

かといって渡す側もなりふり構わずプレゼントをしていいのか?と言われれば、それもありがた迷惑なのは事実。
※中には相手を明らかに不快にさせる部類のプレゼントすら存在しますが、今回の記事においては除外させていただきます。

渡す側も受け取る側も、まずは人としての『思いやり』を忘れてはいけないんです。

細かく説明をしていますが、結論だけが知りたいという方は目次から
【最重要】ミニマリストがプレゼントを受け取る場合
を読んでみてください。

プレゼントは物ではなく心

相手がプレゼントとして渡した物は、どんな物であったとしても『気持ち』という心なんです。

相手に喜んでほしい、気持ちをお裾分けしたいという好意こそがプレゼントなんです。

「いらないからあげるよ」
「余ってるからどうぞ!」

というのはプレゼントではなく譲渡です。

一緒にしてはいけません。

マイナスなプレゼントは全く別物

今回の記事では『マイナスなプレゼント』いわゆる明らかに不快、皮肉や不幸を込めた類のプレゼント対象外として話を進めていきます。

プレゼントが心であることに違いはありませんが、その全てがプラスな物とは限りません。

相手が苦手な物だと分かっていてあえてそれをプレゼントする。

もしくはお互いの関係に問題が生じているにも関わらず、一方的にプレゼントを渡そうとする行為はただの嫌がらせですから。

ミニマリストにプレゼントを渡す場合の対応は?

本題です。

ミニマリストにプレゼントを渡したいという場合の対応を考えてみましたが、意外とシンプルな3つの結論に至りました。

相手がミニマリストだと認識していて、連絡を取れる場合は?

まずは連絡をしてみるのが一番良いです。

内容もストレートに伝えてしまった方がいいでしょう。

「プレゼントしたいんだけど、やっぱり増える物だと困る??」

あとは相手の対応次第でプレゼントを考えればいいだけです。

増えるのが嫌なのであれば消耗品やギフトなど別に構わないと言うのであれば自分が渡したいプレゼントを用意しましょう。

相手の気持ちを考慮した素敵なプレゼントが送れます。

もちろん渡したいという気持ちが一番大事です。

相手がミニマリストだと認識しているが、連絡を取れない場合は?

連絡が取れないのであれば先程の説明通り、消耗品やギフトを考えるのが無難です。

相手がミニマリストだと認識しているのであれば、相手の立場になって考えてみることもプレゼントとしては礼義の一つじゃないかと僕は考えています。

相手がミニマリストであるかわからない場合

相手がミニマリストであるかどうかわからない場合には、一般の方と同じ対応で構わないです。

連絡が取れるのであれば確認をしてみる。

連絡が取れないのであれば自分の渡したいプレゼントを用意する。

本来ならばプレゼントは心のお裾分け。

気持ちがこもっていればそれで充分なんですが、自分が理解する相手の情報範囲に合わせてプレゼントを考える事も『思いやり』として必要になってきます。

【最重要】ミニマリストがプレゼントを受け取る場合

先程説明したマイナスなプレゼントを除き、プレゼントを渡す側の『思いやり』を理解した上で受け取る側が絶対にやってはいけない事があります。

それはプレゼントを拒否する事。

ハッキリ断ることも大事なんじゃないの??と反発する方もいるでしょうが、断る必要性はありません。

相手の気持ちは素直に受け取るべき。

これはミニマリストとしてだけでなく、人としての礼義です。

もちろん、受け取った後は本人の自由となります。

どうしてもプレゼントは嫌だという方も、心から感謝したいという方もそれぞれの対応をするだけです。

本来ミニマリストは物を大切にするはず

自分にとって大切な物を残していると考えているミニマリストが、相手の好意という心のプレゼントを受け取りもしないというのは本当にミニマリストと言えるんでしょうか??

どんな些細なプレゼントであっても、それは自分1人のために相手が用意してくれた、たった一つの心の欠片です。

形あるものは必ず壊れる物。

プレゼントという形そのものが壊れてしまっても、あなたが受け取っているのは生涯残る心ですから。

それを忘れてはいけない。

プレゼントは受け取るべきです。

そんな『思いやり』すらも手放してしまった先が、その人にとって幸せな事と言えるかどうか、自分には見当もつきません。

ミニマリストであったとしても、心を受け取る心のゆとりは備えておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)